要素を選択する

矢印ツールが有効な状態:目的の要素をポイントしてクリックします。または、マウスで囲んで、選択する要素を矩形で囲みます。

他のツールが有効な状態:Shiftキーを押し、目的の要素をポイントしてクリックします。または、マウスを移動して、選択したい要素の周囲に矩形を描画します。

カーソル形状についての詳細な情報は、「インテリジェントカーソル」を参照してください。

(ウィンドウまたは矩形選択範囲内の)全ての要素を選択する

矢印ツールか矩形選択ツールで、画面上(ウィンドウ全体または事前に定義した矩形選択範囲のいずれか)の全ての要素を選択するには、 Ctrl/Cmd+Aのショートカット、または[編集]→[全てを選択]コマンドを使用します。

注記:[全てを選択]では、現在表示されているフロアの要素だけが選択されます。

矩形選択範囲」も参照してください。

1つの種類の全ての要素を選択する

1つの種類(全ての壁、全てのウィンドウなど)の全ての要素を選択するには、そのツールを有効にして、Ctrl+Aショートカットを使用します。

追加の矢印ツール選択オプションについては、「矢印ツールを使用して複数要素を選択する」を参照してください。

複数の条件に基づいた要素を選択

「検索と選択」機能を使用して、さまざまな条件で定義された要素を選択します。

要素の検索と選択」を参照してください。

選択内容への要素の追加/選択内容からの要素の削除

Shiftキーを押しながらクリックすると、その要素が選択内容に追加されます。Shiftキーを押しながらすでに選択されている要素をクリックすると、その要素が選択内容から除外されます。

選択範囲まで拡大

このコマンド([表示]→[ズーム]→[選択範囲まで拡大])は、選択した要素のみをズームする場合に使用します。

このコマンドはコンテキストメニューからでも使用できます。メニューを表示するには、画面上の何もないスペースを右クリックします。

要素の選択を解除

1つ以上の要素の選択を解除するには、以下の操作のいずれかを実行します。

Escを押します。

プロジェクト上の空の部分をいずれかのツール(矢印ツールなど)でクリックすると、選択されている全ての要素が一度に選択解除されます。

Shiftキーを押しながら、選択した要素をクリックします。

矢印ツールが選択されている状態でShiftキーを押したままにし、選択を解除したい要素のまわりに選択矩形を描画するかクリックします。

モルフのサブ要素を選択

モルフを編集する場合に、モルフ全体ではなくモルフのサブ要素(面および辺)のみをデフォルトで選択できるようにすることができます。これを行うには、矢印ツールでのサブ要素選択を有効にします。これはモルフの選択でのみ実行できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SubElement.png 

モルフの選択」を参照してください。

このセクションの他のトピック

面のクイック選択

矢印ツールを使用して複数要素を選択する