矩形選択範囲の定義

1フロアまたは全フロア

矩形選択ツールでは、情報ボックスにある2つの定義方法を使用できます(平面図のみ)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/InfoBoxMarqueeFloors.png 

[単一フロア](細い輪郭線):現在のフロアの要素のみの矩形選択

[全てのフロア](太い輪郭線):全てのフロアの要素の矩形選択

矩形選択範囲の図形

情報ボックスから図形作成法のいずれかを選択します(3D ウィンドウで作業している場合は、4 つのオプションを使用できます。それ以外の場合、オプションは3つです)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeShapes2D.png                    //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeShapes3D.png

[ポリゴン]:作成できる辺は直線のみです。

[矩形]:2回クリックして定義します。

[回転矩形]:3回クリックして定義します。

3Dウィンドウ:[ポリゴン]、[矩形]、[回転矩形]のいずれかの方法を使用して、まず矩形選択範囲の底部を定義してから、もう一度クリックして選択領域の高さを定義します(パースビューでは、矩形選択の底部は選択する要素の下になければなりません)。

4 番目のオプション(3D ウィンドウのみ)では、3D ウィンドウから要素を画像形式でコピーするために2D矩形選択領域を作成できます。

詳細は、「プロジェクトウィンドウから矩形選択範囲のコピー/貼り付けを実行する」を参照してください。