プロジェクトウィンドウから矩形選択範囲のコピー/貼り付けを実行する

矩形選択ツールを使うと、3Dウィンドウ、断面/立面/展開図ウィンドウ、または3Dドキュメントウィンドウ、モデル画像ウィンドウのある領域を、コピーおよび貼り付けできます。

1.必要なビューを生成します。

2.矩形選択ツールを使用して、コピーする領域を選択します(3Dウィンドウで選択している場合、2D矩形選択法が有効になっていることを確認してください)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Marquee2D.png 

3.[編集]メニューで[コピー]を選択します。

OpenGL 3Dを使用して3Dウィンドウからコピーすると、全ての画像がピクセル形式で貼り付けられます。

ベクトル3Dエンジンを使用している3Dウィンドウからコピーする場合、コピー操作中にダイアログボックスが表示され、画面上での画像表示に関するオプションが提供されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Copy3DOptions.png 

詳細は、「[コピー]ダイアログボックス」を参照してください。

注記:組み立て要素をコピーして貼り付けると、2D要素(点、線および塗りつぶし)として配置されます。

モデルから生成し「線/円弧に分解した」2次元の要素には、このような編集を困難にする余分な要素(余分な辺、重なっているまたは余分な塗りつぶし)がよく含まれている場合があります。編集を簡単にするには、ウィンドウ内で選択した項目上で線および塗りつぶしの整理機能を使用します。

詳細は、「図面ウィンドウで線および塗りつぶしを整理する」を参照してください。

4.平面図ウィンドウに移動して、[編集]→[貼り付け]を選択します。

注記:他の2Dモデルウィンドウにも貼り付けできますが、貼り付けた要素は2D図面要素としてのみ機能し、モデル要素としては機能しません。

5.三つ槍型カーソルを使用し、平面図上で、貼り付けた画像の位置を決めます。

6.選択矩形の外側をクリックして、操作を完了します。

立面は平面図に、フルサイズの2D要素として貼り付けられます。

モデル画像の一部分がスクリーンショットとして貼り付けられます。