矩形選択範囲

矩形選択ツールを使用すると、選択領域を指定して編集や表示を行うことができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeTool.png 

矩形選択を配置

1.矩形選択ツールを選択します。

2.プロジェクト内をクリックして、矩形選択範囲を指定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DrawMarquee1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DrawMarquee2.png

矩形選択範囲に含まれる要素に選択ドットは表示されません。矩形選択範囲は破線で表示されます。

その他のオプションについては、「矩形選択範囲の定義」を参照してください。

矩形選択を解除

以下のいずれかを実行してください。

Escを押します

コンテキストメニューの[矩形選択を解除]を使用します。

別の矩形選択を開始します。

矩形選択ツールを選択した状態で、ウィンドウの矩形選択範囲の外側をダブルクリックします。

矩形選択領域内のその他の要素を明示的に選択している場合、Esc キーを押すと、この要素の選択が逆順に解除され、最後に矩形選択領域が削除されます。

別のツールを選択しても、矩形選択範囲は削除されません。

矩形選択の用途

比較的小さな領域を定義し、その中で特定のタイプの要素を全て選択します。

プロジェクトの特定の部分のみを3Dで表示します。

複数の要素を同時に移動するか、サイズを変更します。

ビューの一部のみをPDFまたはDWG形式で保存します。

矩形選択は全てのプロジェクトウィンドウで使用できます。

レンダリングまたは画像ウィンドウやGDLオブジェクトの3D表示では、矩形選択で実行できる操作はコピーのみです。

矩形選択内の全ての要素を選択

矩形選択ツールを有効にして、矩形選択範囲内の全ての要素を選択するには、 Ctrl/Cmd+A キーのショートカットまたは[編集]→[全てを選択 矩形選択内]コマンドを使用します。

3Dで矩形選択範囲を表示する

矩形選択範囲を定義した後、[表示]→[3D で表示する要素]→[3D で選択内容/矩形選択を表示]コマンドを使用するか、コンテキストメニューから同じコマンドを選択します。

要素のこの部分に選択節点やホットスポットが存在しない場合も、矩形選択範囲内に収まる要素の部分は全て3Dビューに含まれます。

注記:平面図に明示的に選択した要素と矩形選択の両方が含まれている場合、このコマンドは矩形選択を無視し、明示的に選択された要素だけを表示します。

矩形選択した要素の3D表示をさらに詳しく定義するには、[表示]→[3D表示要素]→[3Dで要素をフィルタ/切断]ダイアログボックスの[矩形選択]コントロールを使用します。

[矩形選択]を使用してレンダリングを定義する場合は、「レンダリングの矩形選択オプション」を参照してください。

矩形選択のカラー

矩形選択のカラーは選択ドットと同じです。このカラーは、[オプション]→[作業環境]→[選択と要素情報]→[選択ドットおよび矩形選択カラー]で設定します。

.//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeColor.png

このセクションのトピック

矩形選択範囲の定義

矩形選択範囲をPDFまたはDWGとして保存する

プロジェクトウィンドウから矩形選択範囲のコピー/貼り付けを実行する

矩形選択ツールを使用したストレッチ

[検索と選択]で矩形選択を使用

矩形選択のその他の編集操作