要素転送設定

以下の場合に置換する設定をカスタマイズするには、[要素転送設定]ダイアログボックス([編集]→[要素設定])を使用します。

パラメータの転送を使用する場合(注射器を使用する場合)

お気に入りを適用する場合

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ElementTransferSettingsDlg.png 

ダイアログボックスの左側に、転送セットの名前がリスト表示されます。パラメータの転送時、およびお気に入りの適用時に、これらのセットの中から1つを選択できます。

セットの中の1つが、お気に入りを適用するときに使用されるデフォルトとしてタグ付けされます。

お気に入りのデフォルトとして設定」を参照してください。

注記:要素転送設定と名前が付けられた転送セットはプロジェクトと一緒に保存されます。ただし、お気に入りのデフォルトはユーザー設定であるため、ローカルに保存されます。

要素転送設定を開く

以下の場所からダイアログボックスを開くことができます。

[編集]→[要素の設定]→[要素転送設定]

要素転送設定にアクセスできる全ての場所

お気に入りパレットの[追加設定]ポップアップメニュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/FavoritePrefs.png 

お気に入りの[適用]ボタン(ツールの設定のお気に入りインターフェース)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/FavoriteTransferApply.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ApplyFavoriteTransfer.png

注射器カーソルを使用してパラメータを置換する場合

パラメータを取得/パラメータ置換」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ElementTransferSettingsSyringe.png 

パラメータの転送に含まれる設定

ツールまたは設定別にリストをソートします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/GroupBySetting.png 

要素の転送時およびお気に入りの適用時に転送する設定またはグループにチェックを入れます。ここにリスト表示されていない設定は常に転送されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/NoToplink.png 

セットの管理

インポート/エクスポート

このダイアログボックスの下部にある[インポート]/[エクスポート]ボタンを使用して、1つまたは複数の選択した要素転送設定セットを、XML形式で保存し、別のプロジェクトで使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/FavParamsInOut.png 

新規作成

新しい要素転送設定セットを定義するには、下部にある[新規]ボタンを使用します。

お気に入りのデフォルトとして設定

お気に入りを適用するときにデフォルトとして使用するセットを1つ選択します。目的のセットの右横の列をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DefaultFavoriteTransfer.png 

お気に入りを適用する場合(お気に入りをダブルクリックするか、[適用]ボタンをクリック)、このセットが使用されます。お気に入りインターフェースで[転送セットを適用]ポップアップをクリックすると、この設定を確認できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DefaultFavoriteTransferApply.png 

お気に入りのデフォルトはユーザー設定であるため、ローカルに保存されます。

もちろん、お気に入りを適用する際に、リスト内の別のセットをクリックして目的のパラメータセットを適用することもできます。