要素を分配

[編集]→[分配]を使用すると、さまざまな条件を付けて、選択した要素を均等に分配することができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeCommands.png 

要素の連続コピー」で[連続コピー]コマンドの[分配]オプションも参照してください。

[分配]コマンドを使用するには、少なくとも2つの要素を選択する必要があります。

ARCHICADは、要素の周囲の(非表示の)境界線により、要素の上下左右と中央点を識別します。

例えば、次のようなコーナーテーブルオブジェクトを含む要素を分配する場合を考えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/CornerTable00020.png 

ARCHICADは、テーブルの境界線の中央点(ここでは、赤で示されています)を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/CornerTableCenter00021.png 

注記:分配する要素の別の配置基準点を使用する場合は、[特殊分配]オプション([編集]→[分配]→[特殊分配])を使用します。

X軸:両終端の選択された2つの要素はそのまま残り、残りの要素はその2つの間に均等に分配されます。

例えば、壁に沿って均等に分配された3つの窓があるとします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Distribute1.png 

デザインを変更して、壁を延長して窓をあと2つ追加します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Distribute2.png 

全ての窓を均等に分配するには、[編集]→[分配]→[X軸]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Distribute3.png 

Y軸:両終端(垂直方向)の選択された2つの要素はそのまま残り、残りの要素はその2つの間に均等に分配されます。

例えば、エリアの後ろ側の壁に対して椅子を均等に分配するとします。椅子を選択し、[編集]→[分配]→[Y軸]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeY1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeY2.png

XY軸:両終端(左上と右下)の選択された2つの要素はそのまま残り、残りの要素はXYの斜線に沿って均等に分配されます。

例えば、教室の中で9つの机が大まかにV字状に配置されているとします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeXY0.png 

机を正確に分配するには、5つの机を1つのグループとして選択して、[編集]→[分配]→[XY軸]を使用します。

最初のグループ:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeXY1.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeXY2.png

5つの机を2番目のグループとして選択し、同じ手順を繰り返します。

最終結果:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistributeXY5.png 

サブトピック