要素の連続コピー

連続コピーは、定義したパターンと方法に従って、選択した要素の正確なコピーをいくつでも作成します。[連続コピー]ダイアログボックスでオプションを設定します。

[連続コピー]ダイアログボックスを開くには、要素を選択し、次のいずれかの操作を行います。

ペットパレットから[連続コピー]コマンド

[編集]→[移動]→[連続コピー]

 

このページのトピック

動作(移動、回転、高度変更、配列)の選択

図形入力方法の選択

入力前にパス/円弧を取得

垂直移動距離

動作(移動、回転、高度変更、配列)の選択

[連続コピー]ダイアログボックスの最上部で、連続コピーの動作を次の中から選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Multiply.png 

[移動]は、描画した直線パスまたはクリックしたポリラインに沿ってコピーを配置していきます。

[回転]は、円弧パスに沿ってコピーを配置していきます。

[高度変更]は、垂直方向に移動しながらコピーを積み上げていきます(平面図と3Dウィンドウでのみ使用可能)。

[配列]は、直交する2本の基準線で定義された矩形配列にコピーを配置します。

下で、オプションとして連続コピー間の垂直移動距離を定義します。

垂直移動距離」を参照してください。

[移動]および[回転]では、連続コピーを配置するパス/円弧を取得するオプションもあります。入力前にパス/円弧を取得」を参照してください。

図形入力方法の選択

連続コピーを配置する方法として、4つの入力方法の中から1つを選択します。入力方法によって、コピーの数とコピー間の距離(間隔)が決まります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragIncrementSpread.png 

増加と展開

この方法では、間隔とコピー数の両方を画面上で定義します。

注記:平面図での高度変更には使用できません。

1.[増加と展開]をクリックし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

2.最初のクリックで開始点を定義します。

3.次のクリックで間隔(各コピー間の距離)を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragGraphic1.png 

4.次に、カーソルを任意の距離だけ移動します。各コピーが定義した間隔で配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragGraphic2.png 

5.クリックして操作を完了します。

増加

この方法では、コピー数をあらかじめ定義しますが、間隔は画面上で定義します。

1.[増加]をクリックして目的のコピー数を入力し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragIncrement.png 

2.最初のクリックで開始点を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragIncrementGraphic1.png 

3.ドラッグして、設定した数のコピーの展開と方向(移動の距離、回転の角度)を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragIncrementGraphic2.png 

4.クリックして連続コピーを配置します。

展開

この方法では、間隔をあらかじめ定義しますが、コピー数は画面上で定義します。

1.[展開]をクリックして各コピー間の固定の間隔を入力し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MultiplySpread.png 

2.最初のクリックで開始点を定義します。

3.ドラッグして、特定の(移動の)距離または(回転の)角度で、任意の数のコピーの配置を開始します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SpreadGraphic1.png 

4.クリックして連続コピーを配置します。

分配

この方法では、コピー数をあらかじめ定義し、画面上で定義した終点まで等間隔で配置します。

1.[分配]をクリックし、2点間に配置するコピー数を入力します。オプションで、[-1]チェックボックスをオンにすると、同じ分配距離内に間隔が1つ分追加されます(終点にはコピーは配置されません)。

[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MultiplyDistribute.png 

2.最初のクリックで開始点を定義します。

3.ドラッグして設定したコピー数をプロジェクト内の目的の点まで等間隔で分配し、クリックして配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragDistributeGraphic.png 

入力前にパス/円弧を取得

このオプションは、[連続コピー]ダイアログボックスで[移動]または[回転]方法を選択した場合に使用できます。

1.[連続コピー]ダイアログボックスで[パスを取得]または[円弧を取得]チェックボックスをオンにし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DragToPath.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateToArc.png

2.カーソルを任意の辺の上に置くと、パスが自動検出され、強調表示されます。

閉じた領域内でスペースキーを押すと、境界が自動検出されます。

3.クリックして、連続コピーを配置するパスまたは円弧を定義します。

(パスが見つからない場合は、チェックボックスをオフにした場合と同様に、パスはあらかじめ定義されずに入力が続行されます)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/PickPath0.png 

4.選択した要素またはその近くをクリックします。これにより、要素の回転と基準点、および連続コピーの開始点がこの点から定義されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/PathPick1.png 

5.パス/円弧に沿って移動し、通常どおりコピーを入力します。([連続コピー]ダイアログボックスで選択した図形入力方法に従って間隔やコピー数を決定)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/PathPick3.png 

6.クリックして完了する前に、最後に座標情報で距離、間隔、コピー数を変更することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EditSpacing.png 

注記:閉じたポリゴンパスでは、パス全体を囲むようにカーソルを移動すると、開始点を終点として使用できます。

コピーの回転

[移動]または[回転]操作では、各コピーの回転に関する目的のオプションを設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateCopies.png 

なし

コピーに回転は適用されず、全てのコピーが元の要素と同じ向きおよび回転になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/NoRotation.png 

パスに沿って回転

入力方法が[パスを取得]または[回転]の場合、各コピーは、入力の開始点を基準として元の選択した要素をパス/円弧に沿って垂直に回転したものになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateToPath.png 

ランダム

各コピーは、入力の開始点を基準として元の選択した要素をパス/円弧に沿ってランダムに回転したものになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Randomize.png 

これは、木などの風景要素を連続コピーする場合に便利です。

垂直移動距離

2Dウィンドウの場合:

このフィールドを使用して、オブジェクトの連続コピーを1つずつ積み上げるときに追加していく高度の値を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/VerticalDisplace2D.png 

3Dウィンドウの場合:

オプションで、[垂直移動量]ボックスをオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/VerticalDisplaceOn.png 

[連続コピー]ダイアログボックスを閉じてから連続コピー操作を実行する場合、次のスラブで示すように、画面上で垂直移動距離ベクトルを定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateElevation.png 

高度によるホームフロア設定

新規作成した要素に対して、それぞれのフロアの場所に基づいて配置フロアを割り当てるには、これをオンにします。このボックスをオフにすると、新規要素は連続コピーしている元の要素と同じ配置フロアに割り当てられます。

高度によって配置フロアを変更する」を参照してください。