要素のミラー

[ミラー]を使うと、平面図または3Dウィンドウで選択された要素の鏡像を作成できます。

要素をミラーするには、次の手順に従います。

ミラーする要素を選択します。エリアの反対側に、テーブルと椅子を向かい合わせに配置することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Mirror1.png 

[編集]→[移動とコピー]→[ミラー]コマンドを選択するか、コンテキストメニューまたはペットパレットから[ミラー]コマンドを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MirrorIcon.png 

直線を引くのと同じ操作を行い、ミラーの軸を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Mirror2.png 

2回クリックすると、ミラーされた要素が配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Mirror3.png 

注記:

ミラーコピーを実行するには、通常の[ミラー]コマンドを実行しながらCtrlキーを押します。

一度にミラーできるドアと窓の数に制限はありません。ミラーされたドア/窓は、常に元のドア/窓のある壁と同一直線上に置かれます。ドア/窓を選択して、1回クリックします。ミラー操作の軸が決定されます。

テキスト、線の矢印および寸法については、境界線だけがミラーされます。

テキストブロックのミラー、ラベルのミラー、寸法のミラー、および塗りつぶしポリゴン領域のラベルのミラーは、常に図面の最下部と右側から読むことができます。

ゾーンスタンプはミラーできません。