回転要素

平面図または3Dウィンドウでは、選択した要素を回転できます。

断面/立面/展開図、3D ドキュメントウィンドウ、および詳細図/ワークシートウィンドウでは、図面要素のみを回転できます。

3Dウィンドウでは、回転は水平面で行われます。

注記:一部の要素(カーテンウォール、シェル、モルフ)では、回転に制約はありません(水平でない面でも回転できます)。

カーテンウォールの自由回転」を参照してください。

詳細については、後述の「梁および柱の断面形状の回転」を参照してください。

1.1つまたは複数の要素を選択し、以下のいずれかの操作を実行します。

ペットパレットから[回転]アイコンを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateIcon.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateIcon3D.png

[編集]→[移動とコピー]→[回転]を選択します。

コンテキストメニューから[移動とコピー]→[回転]を選択します。

回転コマンドのショートカット(Ctrl/Cmd+E)を使用することもできます。

2.選択した要素を回転する際の中心点をクリックして定義します。

3.回転の弧の始点と半径をクリックして定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateElements2.png 

カーソルを移動し、クリックして回転を決定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateElements3.png        //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateElements4.png

回転コピー

1.1つまたは複数の要素を選択し、以下のいずれかの操作を実行します。

Ctrlキーを押しながら、通常の回転コマンドを実行します。

[編集]→[移動とコピー]→[回転コピー]を選択します。

コンテキストメニューから[移動とコピー]→[回転コピー]を選択します。

2.選択した要素を回転する際の中心点をクリックして定義します。

3.回転の弧の始点と半径をクリックして定義します。

4.カーソルを移動し、クリックして回転を決定します。

元の要素はそのまま元の位置に配置されます。

連続回転コピー

要素の複数のコピーを回転するには、以下の手順を実行します。

1.1つまたは複数の要素を選択し、以下のいずれかの操作を実行します。

Ctrl(Cmd)+ Altキーを押しながら、通常の回転コマンドを実行します。

[編集]→[移動とコピー]→[連続回転コピー]を選択します。

コンテキストメニューから[移動とコピー]→[連続回転コピー]を選択します。

2.選択した要素を回転する際の中心点をクリックして定義します。

3.回転の弧の始点と半径をクリックして定義します。

4.カーソルを移動し、クリックして回転を決定します。必要な回数だけ、操作を繰り返します。

5.ダブルクリックして描画を終了します。

元の要素はそのまま元の位置に配置されます。

梁および柱の断面形状の回転

断面形状を基準に梁および柱を回転する方法は2つあります。

通常の[回転]コマンド(上記参照)は、押し出しベクトル(つまり、梁の基準線または柱の軸)とともに梁または柱要素を回転します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateRegular.png 

断面形状である梁または柱を使用する場合は、断面形状自体を回転することが望ましい場合もあります。

このためには3Dウィンドウで選択した要素のペットパレットから[断面形状を回転]コマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RotateProfile.png 

注記:柱または梁要素の[設定]ダイアログボックスの[回転角]または[断面形状を回転]としても同じコマンドを使用できます。

シェル断面形状の回転

シェル断面形状は、選択したシェルのペットパレットから[断面形状を回転]コマンドを使用してグラフィカルに回転することもできます。

シェルのグラフィック編集」を参照してください。