要素のロック/ロック解除

[編集]→[ロック]→[ロック]コマンドを選択すると、選択されている項目を誤って修正してしまうことのないようにロックができます。ロックした要素も選択し、相対組み立てに使用できます。スナップガイドもそのまま使用可能で、パラメータの転送によってその設定を取得することもできます。

オブジェクト間のパラメータの移動」を参照してください。

注記:レイヤーをロックしても同じ効果が得られます。レイヤーに配置されている全ての要素がロックされているように表示されます。

[編集]→[ロック]→[ロック解除]コマンドを選択すると、選択されている項目がロック解除されます。

[全てをロック解除]コマンドを使用すると、選択されていない要素も含めて、ロックされた要素を全てロック解除することができます。この動作に対応した[要素を配列]ツールバーの関連ボタンを使用することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/Lock.png