隅切りまたは面取りの作成

[編集]→[変形]→[隅切り-面取り]コマンドを使用して、2本の直線または2つの直線壁の交差部や、ポリゴン要素の角を隅切りまたは面取りします。

モルフに使用可能な特殊な[隅切り-面取り]オプションの詳細については、「基本的なモルフ編集:モルフの隅切り/面取り」を参照してください。

[隅切り-面取り]ダイアログボックスを開くには、2本の線またはポリゴン要素を選択します。

次に、以下のいずれかを実行します。

[編集]→[変形]→[隅切り-面取り]を選択します。あるいは

選択した要素がポリゴンの場合は、ペットパレットから[隅切り-面取り]アイコンを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/FilletNode1.png 

隅切りか面取りを選択します。

隅切りは、2本の直線の辺の端点を円弧で結合します。

面取りは、2本の直線の辺の端点を、角を落として直線的に結合します。

隅切り-面取りの半径を入力します(厳密には面取りに半径はありませんが、指定した半径を持つ円弧の弦として描画されます)。

注記:現在の半径で円弧を作成したときに隣接する頂点からはみ出す場合、丸面取りを行う円弧が近くに隣接する頂点を内包するように半径が自動的に制限されます。

[OK]をクリックします。

注記:[隅切り-面取り]および[交差]コマンドは、[グループの一時解除]がオンでない場合、グループ化された要素には無効です。

グループの一時解除」を参照してください。

全ての角に適用

選択したポリゴンの全ての角に隅切りまたは面取りを適用するには、[全ての角に適用]チェックボックスをチェックします。

注記:このチェックボックスは、選択された要素がポリゴンの場合にのみ適用されます。

ポリゴンを選択してから、[編集]→[変形]→[隅切り-面取り]コマンドを使用した場合、このチェックボックスがデフォルトで選択され、編集することはできません。[隅切り-面取り]が、全ての節点に適用されます。

[隅切り-面取り]をポリゴンの1つの節点だけに適用するには、節点をクリックし、ペットパレットコマンドを使って[隅切り-面取り]ダイアログボックスを開きます。