要素の一括ストレッチ

[一括ストレッチ]コマンドを使用すると、選択した壁、梁、円弧、直線の端点に対して、1 つの直線、円弧、または要素の辺に合わせたストレッチまたは切り取りを行うことができます。

注記:屋根平面を相互に、または他の要素に対して一括ストレッチすることもできます。

単一平面屋根を交差させる」および「他のフロアの屋根でクロップする」を参照してください。

1.一括してストレッチする要素を選択します。

2.[編集]→[変形]→[一括ストレッチ]コマンドを選択します。

3.線を引くか、既存の直線、円弧、ポリゴンの辺または円や円弧をクリックします。選択した壁と線の端点は、描画またはクリックした線/曲線に合わせて、一括してストレッチされます。選択した線/円弧/辺と交差する要素だけが影響を受けます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/46_1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/46_2.png

注記:クリックした辺がスラブの辺の場合、ワークフローは[要素をスラブに調整]のワークフローと同じです。

要素をスラブに調整」を参照してください。

[一括ストレッチ]コマンドは平面図と3Dウィンドウで使用できます。断面/立面/展開図、3Dドキュメントウィンドウ、および詳細図/ワークシートでは図面要素にしか使用できません。3D表示では、選択されている壁または梁を垂直面に合わせて一括してストレッチすることができます。

分割と一括ストレッチを同時に行う

簡単なショートカットで、同じ辺に対して短い要素を一括してストレッチし、長い要素を分割することができます。

1.分割または一括ストレッチを行う要素を全て選択します。選択済みの要素を作成したツールのいずれかを有効にする必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SplitAdjust1.png 

2.Ctrlキー(Windows)またはCmdキー(Mac)を押して、分割/一括ストレッチに使用する辺をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SplitAdjust2.png 

3.操作が直ちに実行されます。変更された要素は全て選択されたままになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SplitAdjust3.png