要素のサイズ変更(拡大または縮小)

[編集]→[変形]→[サイズ変更]を使用すると、数値の入力かマウスの操作によって選択した要素のサイズを変更できます。

この機能が使用できるのは、平面図および3Dウィンドウだけです。断面/立面図、3Dドキュメント、および詳細図/ワークシートウィンドウでは、2D図面要素にしか使用できません。

このコマンドを選択するとダイアログボックスが開き、そこで壁/柱の厚さやGDLオブジェクト、テキスト要素、矢印、マーカーなどのサイズ変更用の各種オプションを設定できます。

1.サイズを変えたい要素を選択し、[サイズ変更]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ResizeBefore.png 

2.表示されるダイアログボックスで、[サイズ変更比率]フィールドに適切な数値を入力します([画面上で定義]チェックボックスのチェックは外しておきます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ResizeDlgSet.png 

サイズ変更比率:サイズ変更比率を定義するには以下の3 つの方法があります(1 つのフィールドに値を入力すると、残りの2つのフィールドは自動的に入力されます)。

壁と柱の厚さをサイズ変更:壁、柱、梁の場合、厚さだけでなく長さ/高さもサイズが変更されます。

ライブラリ部品をサイズ変更:選択した全てのライブラリ部品のサイズが変更されます。

全てのテキストをサイズ変更:全てのテキストとラベルのサイズが変更されます。

全ての矢印とマーカーをサイズ変更:全ての矢印/マーカーのサイズが変更されます。

3.[OK]をクリックします。

4.ウィンドウ内をクリックして、元の位置に残す要素の点または辺を定義します。

マウスの操作でサイズ変更を行うには、次の手順に従います。

1.[サイズ変更]ダイアログボックスを開きます。

2.[画面上で定義]チェックボックスをオンにします。

3.変換方向を描画して、サイズ変更比率および変更後の要素の位置を定義します。

注記:サイズ変更を行っても、グループ化された要素は影響を受けません。グループ化された要素のサイズを変更するには、グループを解除するか、[グループの一時解除]を選択します。

詳細は「要素のグループ化」を参照してください。