矩形選択ツールを使用したストレッチ

矩形選択ツールを使うと、複数のポリゴンや線形要素を特定の方向にストレッチできます。

矩形選択範囲内の要素をストレッチするには、次の手順に従います。

ストレッチしたい節点や端点が領域内に入るように矩形選択ツールで選択します。形状を変更したくない節点は必ず矩形選択の外側にあるようにします。

ストレッチ方向を定義します。矩形選択ツールが選択された状態で、矩形選択範囲内の節点または端点をクリックし、次いで2番目の点をクリックします。

あるいは、[編集]→[変形]→[ストレッチ]コマンドを選択し、任意の2点をクリックしてストレッチ方向を定義します。

定義した方向に沿って、一方の端点が矩形選択範囲に含まれている全ての線形要素、および矩形選択範囲に節点が含まれているポリゴン要素がストレッチされます。

注記:矩形選択内に節点のある要素をストレッチしたくない場合は、その要素をロックします(要素を選択し、[編集]→[ロック]→[ロック]を使用するか、要素のレイヤーをロックします)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeStretch1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeStretch2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/MarqueeStretch3.png

ポリゴンの全ての節点が矩形選択範囲内にある場合、ポリゴンはストレッチされずに移動されます。

3Dウィンドウでは、矩形選択範囲にストレッチできる節点は表示されません。

柱、オブジェクト、およびランプは、矩形選択ツールではストレッチできません。ホットスポットが矩形選択範囲内にある場合、矩形選択範囲の位置を変更すると、オブジェクトおよび柱全体も一緒に移動します。

円弧または曲線壁を矩形選択でストレッチすると、中心角(円弧と弦の比)は一定に保たれます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/43_7.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/43_8.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/43_9.png