壁のストレッチ

メニューコマンドを使用して直線壁の長さの伸縮を行うには、以下の手順を実行します。

1.壁を選択します。

2.[編集]→[変形]→[ストレッチ]メニューコマンドまたはペットパレットの[ストレッチ]コマンドを選択します。

3.基準線の端点をクリックして、これを移動します。

4.再度クリックし、新規の端点を定義してそれまでの長さを伸縮するか、まったく別の新しい位置を定義します。新規の端点に応じて壁が伸縮され、必要に応じて回転も行われます。もう一方の端点は元の位置に残ります。

注記:終点が重なり合った複数の壁、線、および円弧は、[ストレッチ]メニューコマンドまたは矩形選択を使用して、全て同時にストレッチできます。

詳細は、「矩形選択ツールを使用したストレッチ」を参照してください。

ペットパレットを使用する場合。

1.壁を選択します。

2.壁の基準線端点のいずれかをクリックします。ペットパレットが現れます。ストレッチアイコンを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SimpleStretchWall.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/StretchHor3D.png 

クリックして新しい端点を定義します。

3.[特殊角度]または[半径のストレッチ]コマンドを使って、曲線壁をストレッチすることができます。

曲線のストレッチ」を参照してください。

台形壁をストレッチする場合は、ペットパレットから特殊な[台形壁]コマンドを使用します。このコマンドでは、どちらかの終端から壁をストレッチすると、それに比例して壁の幅が拡大/縮小されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/StretchTrapezoid.png 

線の伸縮」、「オブジェクトのストレッチ」も参照してください。