傾斜壁と柱の修正

傾斜壁と柱はストレッチすることができ、3D ビューと断面ビューでペットパレットコマンドを使用して傾斜角度を変更することもできます(柱は平面図ビューでも修正することができます)。

3D では、次の操作を実行できます。

壁/柱を傾斜させるか、あるいは角の点(壁の場合)または柱の上面の中心を選択し、水平面に沿って移動することで、傾斜壁/柱の傾斜角度を変更します(ペットパレットの[角度を修正]を使用します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EditComplex-3D-1.png 

注記:基準線の中央揃えが実施されている壁は、傾斜させることができません。

上面または下面の辺を壁面に沿って上下に移動して、傾斜壁/柱をストレッチします(ペットパレット内で、壁の場合は[傾斜高さをストレッチ]、柱の場合は[固定角度で高さをストレッチ]を使用します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EditComplex-3D-0.png 

傾斜壁/柱を垂直にストレッチします(ペットパレットの[高さをストレッチ]を使用します)。壁の高さを変更すると、壁の厚さは変化しませんが、傾斜角度は高さに応じて調整されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EditComplex-3D-2.png 

断面図ビューでも、同じ機能を使用することができます([角度を修正]は、壁の基準線が断面線に垂直な場合にのみ使用できます)。断面図ビューでは、[座標情報の距離]フィールドは、オフセット値(距離など)を使用して壁の傾斜を編集する方法を提供します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SlantOffset.png 

二面傾斜壁の編集

3Dまたは断面図で、以下の4つの方法で二面傾斜壁を編集できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EditDoubleSlanted.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DoubleSlantedSection.png

傾斜柱の編集

平面図および3Dで図面上で柱の傾斜角度を変更することができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SlantColumn2D.png 

関連トピック

傾斜壁または二面傾斜壁の作図

傾斜柱を作成する