編集平面表示

編集中の平面は、デフォルトでは 3D ウィンドウで表示されます。編集中の平面を非表示にするには、[表示]→[編集平面表示]を使用して切り替えます。

注記:切り替えの状態に関係なく、編集中の平面は必要な場合には(ルールシェルの入力を選択した後など)一時的に表示されます。

編集処理時のみ編集中の平面を表示

編集平面表示がオン([表示]→[編集平面表示])(デフォルトの状態)に切り替わっている場合は、[オプション]→[作業環境]→[画面オプション]でこのチェックボックスを使用して表示を制限することができます。

このチェックボックスをオンにすると、編集中の平面は3Dウィンドウで実際に編集しているときのみ表示されます([編集平面表示]をオンに切り替えている場合)。操作を完了すると、編集中の平面は消えます。

3Dの編集中の平面:カラーとグリッド

3Dの編集中の平面には、平面図と同様に通り芯設定があり、XY座標平面を反映します。したがって、座標情報を使用して要素の形状を数値で入力できます。

2D グリッドの場合と同様に、[表示]→[グリッドオプション]→[グリッドと背景]ダイアログボックスを使用して、グリッドとカラーを設定します(編集中の平面オプションを設定するには、3D ウィンドウをアクティブにする必要があります)。2D ウィンドウの場合と同様に、グリッドの回転が可能であり、グリッドスナップ、スナップガイド、および参照線を要素の配置に利用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/GridsBackground3D.png 

[グリッドと背景]ダイアログボックス」も参照してください。

3D ウィンドウの中で拡大すると、編集中の平面の追加の自動グリッドラインが編集中の平面に表示されていることがわかります。これらのグリッドラインにスナップすることはできませんが、より精細な入力を行うのに役立ちます。