3Dで要素を表面に接合

表面に接合相対組み立て法は、 3Dウィンドウで作業するときだけ有効になります。この方法を使用すると、 3D表示で作業するときに要素を非水平面上に並べることができます。

注記:3Dの編集中の平面では、同じ機能を画面上で実行できます。

3Dウィンドウの編集中の平面」を参照してください。

この固定法を新規要素の作成時に使用するには、次の手順に従います。

1.3Dウィンドウを開きます。

2.追加する要素のツールを選択します。

3.必要に応じて、ユーザー原点を調整します。

4.制御ボックスの[表面に接合]相対組み立て法を有効にします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/AlignMethod.png 

5.新規要素を接合させる表面をクリックします。

6.通常の方法で、要素の作図を終了します。

既存の要素への[表面に接合]の使用

1.3Dウィンドウを有効にします。

2.必要に応じて、ユーザー原点を調整します。

詳細は、「原点」を参照してください。

3.編集する要素を選択します。

4.実行する編集コマンド(スラブの辺を屋根とユーザー原点の交点までストレッチするなど)を選択します。

5.基準となる点または辺をクリックして編集を開始します。

6.[表面に接合]アイコンを選択します。

7.要素の編集を終了します。