平行固定および垂直固定

これらのコマンドは、基準線または既存の要素の辺に平行または垂直な新規要素を描画する場合に、使用します。

平行固定/垂直固定コマンドは、作図ツールバーから利用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ParaPerpToolbar.png 

あるいは、制御ボックスからでも利用できます。

注記:制御ボックスはデフォルトでは表示されません。制御ボックスは、[ウィンドウ]→[パレット]から表示できます。

詳細は「制御ボックス」を参照してください。

1.グリッドスナップ機能が無効になっていることを確認します。

グリッドスナップ機能」を参照してください。

2.垂直または平行のいずれかのアイコンを選択し、クリックして有効にします。

3.線または要素の辺をクリックしてそれを基準線として選択するか(辺が三つ又で表示されます)、またはカーソルを使用して一時的な基準線を描画します。カーソルアイコンにより、有効な方法(平行または垂直)が示されます。

4.基準線に垂直または平行な新規要素を描画します。