オフセット固定と連続オフセット固定(相対組み立て法)

オフセット固定と連続オフセット固定を利用すると、線またはポリゴンの入力方法に対応した任意のツールを使用して、基準線から所定のオフセットで要素を作成できます。

1.新規要素を描画するツールを有効にします。

2.以下のいずれかの方法でオフセットコマンドを選択または有効にします。

作図ツールバーのドロップダウンメニュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/OffsetConstraint.png 

制御ボックス

制御ボックス」を参照してください。

3.基準線を描画します(既存要素に平行など)。カーソルにオフセットアイコンまたは連続オフセットアイコンが表示されます。

注記:マジックワンドを使用して、この基準線を作成することもできます。

マジックワンド」を参照してください。

4.ラバーバンドの輪郭が表示され、カーソルを新規要素の最終的な位置まで移動します。

5.通常のオフセットコマンドを使用している場合は、1 回クリックして要素を配置します。

6.連続オフセットコマンドを使用している場合は、配置する要素の数と同じ回数だけ移動とクリック操作を行い、ダブルクリックするか、または制御ボックスで[キャンセル]をクリックして最後の要素を配置します。