相対組み立て法

参照線とスナップガイドに加えて、相対組み立て法も要素の組み立て方向を一定の角度またはオフセットに制限します。相対組み立て法は作図ツールバーから利用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DraftingAids.png 

あるいは、制御ボックス内の3番目のボタンからでも利用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ControlBoxRelative.png 

注記:制御ボックスはデフォルトでは表示されません。制御ボックスは、[ウィンドウ]→[パレット]から表示できます。

詳細は「制御ボックス」を参照してください。

各相対組み立て法については、後続のセクションで説明します。

平行固定および垂直固定

角度二分割固定

オフセット固定と連続オフセット固定(相対組み立て法)

3Dで要素を表面に接合

一時ベクトル上のスナップ点