既存の要素にスナップ

要素スナップ

ARCHICAD では、移動操作時に要素を既存要素にスナップできるため、要素の移動や変形を簡単に実行できます。

[表示]→[要素スナップ]切り替えコマンドを使用して、要素スナップ機能の有効/無効を切り替えることができます(このコマンドは標準ツールバーからも使用できます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ElementSnap.png 

要素スナップは、作業中に「E」ショートカットでオン/オフに切り替えることができます。

注記:要素スナップは、グリッドスナップが無効になっている場合のみ使用できます。

要素を選択してから要素スナップを有効にした状態で移動を開始すると、要素の特殊点が小さい正方形に変わります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/StartDragSnap.png 

特殊点には、以下のものがあります。

要素の選択ドット点(配置基準点を含む)

要素の分割点(スナップ点が有効な場合)

スナップ点」を参照してください。

カーソルの先端

この選択ドットの1 つが節点または別の要素の配置基準点/辺を検出してカーソルが特殊な接続関係を示す形状に変わると、選択ドットが大きくなり、要素がその感度点に引き付けられていることを示します。このとき、カーソルを実際の結合点に移動しなくても、クリックするだけで2つの要素を結合することができます。

複数のスナップ点が他の要素の該当する点に触れている場合、スペースキーを使用して、それらのスナップ点に順番に移動します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SnapCycle1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SnapCycle3.png

3Dの表面スナップ

カーソルは 3D ウィンドウの任意の表面(および辺とポイント)にスナップされ、スペース内の要素に容易に入力できます。

[表面スナップ]は、デフォルトでは有効です。この機能は、[表示]→[表面スナップ]切り替えコマンドを使用して、有効/無効を切り替えることができます。

(吸引機能を使用して 2D ウィンドウで[表面スナップ]の効果を得ることもできます。吸引」を参照してください。