座標情報の座標を使用した要素入力

新しい要素を配置する場合、入力時に座標情報の座標を定義できます。

座標情報を表示した状態で、以下のいずれかの操作を実行します。

デフォルトパラメータ(太字で表示されるパラメータ)の値の入力を開始します。カーソルが自動的に座標情報ボックスに移動するので、ここで値を入力します。

注記:この入力方法は、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]で[座標情報へ直接数値入力を有効]ボックスをオンにした場合に有効です。これは、デフォルト設定です。

必要な回数だけTabキーを押し、必要な座標情報フィールドを有効にして、目的の数値を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/TrackerEditing.png 

座標情報のフィールドをクリックして有効にし、目的の数値を入力します。

ショートカット(X、Y、ZまたはD/RまたはAキー)を使用して、対応する座標情報フィールドを有効にし、続いて数値を入力します(例:「X3」、「Y-4」など)。

注記:

この入力方法は、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]で[座標ショートカットは座標情報を優先]ボックスをオンにした場合に有効です。これは、デフォルト設定です。

正の値の場合、数値の前に付ける[+]はオプションです。

座標値はどの順序でも入力できます。

座標情報が要約形式で表示されている場合、ショートカットを入力(またはタブをクリック)と非表示パラメータを表示することができます。

その他の座標入力方法については、「座標ボックスパレット」を参照してください。

座標入力を完了する

Enterキーを押すか、または座標情報のチェックマークのアイコンをクリックします。

座標にスナップガイドを表示する

座標情報の十字線のアイコンをクリックします。編集した要素がその座標値に移動し、スナップガイドが有効な場合は、該当するスナップガイドが表示されます。

詳細は、「スナップガイドを手動でピン止め/配置する」を参照してください。

直前の操作をキャンセルする

Escを押します。

現在の値を加算または減算する

値の後に+または–を入力します。例えば、[x3+]と入力すると、座標ボックスに表示されているx値に[3]が加算されます。

フィート単位を使用するユーザーのための注記

フィート単位を選択しているときに減算を行う場合は、ダッシュ(-)記号を 2 回入力する必要があります。最初のダッシュ(-)はインチ数が続くものとして解釈されるためです。

3が入力された場合、 ARCHICADは単位がフィートであると認識します。「3’6」、「3’6″」、「3-6」は全て3フィート6インチと解釈されます。

座標値をコピー&ペーストする

座標値は、クリップボードを使ってコピーや貼り付けを行うことができます。数値を入力している間はメニューから[切り取り]、[コピー]および[貼り付け]を選択できなくなるため、この操作はショートカットまたはコンテキストメニューで行ってください。

座標情報で表示されるパラメータ

座標情報ボックスに表示されるパラメータは、実行中の編集処理のタイプによって異なります。例えば、直線の辺を選択し、ペットパレットから[辺を湾曲]コマンドを選択すると、座標情報ボックスには[円弧半径]パラメータが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ArcRadius.png 

座標情報には、常にそのパラメータのいずれかが太字で表示されます。太字で表示されているパラメータは、デフォルトパラメータです。

標準ツールバーの[座標情報]ポップアップメニューの選択によっては、XY座標または極性(距離/角度)座標のペアだけが表示されたり(編集/入力中に[XY座標を優先/極性座標を優先]をクリックして切り替え)、座標名が表示/非表示([パラメータタグを表示/隠す])になったりします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/DistanceAngle.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/XYTracker.png

ヒント:極性座標とXY座標をすばやく切り替えるには、ショートカット[/](スラッシュ)を使用します。

通常、座標情報のパラメータは極性座標、X、Y、およびZ座標の順序で表示されます。

[座標情報]メニューのドロップダウンで[座標情報を自動展開]を有効にしている場合、座標情報を入力すると(値を入力するか、Tabキーを押す)すぐに全てのパラメータが表示されます。

注記:[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]のチェックボックスでも、同じオプション([数値入力中に座標情報を自動展開])を選択できます。

上記以外で座標情報を展開したい場合は、Tabキーを押して座標情報を入力した後、座標情報ボックス下部の矢印をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ExpandTracker.png 

座標入力方式:詳細セットオプション

[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]で[座標入力方式]チェックボックスを使用すると、特殊座標情報オプションで座標情報の機能をさらにカスタマイズできます。

この全てのオプションについての詳細は、「座標情報と座標入力」を参照してください。

関連トピック

座標情報の高度の値