座標情報

座標値は[座標情報]に表示されます。このボックスはマウスに追随して動き、編集可能なウィンドウタイプで使用できます。

座標情報は、GDLオブジェクト編集時の編集後の長さ、角度、ホットスポット値などの値に関し、動的なフィードバックを提供します。

座標情報を表示

標準ツールバーの座標情報の切り替えボタンを有効にします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/TrackerIconinToolbar.png 

あるいは、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]の[座標情報を表示]チェックボックスをオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ShowTracker.png 

デフォルトでは、座標情報はオンデマンド、つまり座標入力および編集操作中にのみ表示されます。

要素の入力を開始していない場合に座標情報の表示/非表示を切り替えるには、ショートカットのNキーを使用します。座標情報ボックスがポップアップ表示され、カーソル位置が示されます。

あるいは、[常に]を選択して座標情報を継続的に表示することもできます。この場合、何も入力していなくても座標情報はカーソルに追従して、カーソル位置に関するフィードバックを提供します。

座標情報オプション(カラー、内容、動作など)は、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]で設定できます。

一部の座標情報オプションは、標準ツールバーの座標情報切り替えの横にあるポップアップ矢印からアクセスできるコマンドです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/TrackerCommands.png 

座標情報の座標原点の値

デフォルトでは、座標情報には相対座標が表示されます。

相対座標は編集原点から計測されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EnterRelativeCoord.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EnterRelativePolar.png

標準ツールバーから[座標情報]メニューを使用して、[座標情報で相対座標]設定をオンまたはオフに切り替えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RelativeValues00016.png 

入力時にスナップガイドに合わせてスナップすると、ユーザー原点は自動的に最も近くのスナップ参照点に再配置されます。一時的に青色の「X」が表示され、現在の入力のユーザー原点を示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/UserOriginSnap00017.png 

絶対座標はユーザー原点から計測されます(ユーザー原点をリセットしていない場合、これはプロジェクト原点と同じになります)。[座標情報で相対座標]切り替えボタンをオフにした場合、座標情報には絶対座標が表示されます。

原点」を参照してください。

絶対座標を使用していることを示すために、原点とカーソルの間には一時的に破線が描かれます。

高度値についての詳細は、「座標情報の高度の値」を参照してください。