ルーラー

ルーラーは編集補助機能であり、 3Dウィンドウと一覧表を除く全てのARCHICADウィンドウの画面の左上に配置できます。

ルーラーはナビゲーションの補助機能として使用します。プロジェクトの現在位置を現在のズームで確認できます。

ルーラーを表示する/隠す

ルーラーの表示/非表示を切り替えるには、[表示]→[ルーラー]切り替えコマンドを使用します。

ルーラーを右クリックして[ルーラーの非表示]を選択しても、ルーラーを非表示にすることができます。

画面上でカーソルを移動すると、ルーラーのフィードバックによって、ユーザー原点を基準とした(ユーザー原点が作成されていない場合は、プロジェクト原点を基準とした)カーソルの垂直位置と水平位置が表示されます。

原点」を参照してください。

ユーザー原点を作成するたびに、それに応じて、ルーラーの表示測定値が変化します。測定単位は、[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]の[モデル単位]で設定します。

ルーラーに平行な直交参照線を配置する

いつでも、ルーラーをクリックしてカーソルをウィンドウの任意の位置にドラッグすると、ルーラーに平行な参照線が作成されます。

参照線」も参照してください。

ルーラーのコマンド

ルーラーのコンテキストメニュー(ルーラー上を右クリック)を使用すると、以下の関連コマンドにすばやくアクセスできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/RulerContextMenu.png 

[ルーラー]切り替えコマンドをクリックすると、ルーラーを非表示にできます。

[カーソル投影]切り替えコマンドをクリックすると、ルーラーからカーソル位置までの投影線が表示されます(これにより、3Dウィンドウでも[カーソル投影]がオンになります)。

[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]をクリックしてこのダイアログボックスにアクセスし、[モデル単位]オプションでルーラーの測定単位を定義できます。