座標情報の高度の値

入力中、新しく作成した要素の高度を確認するには、座標情報のZフィールドを参照します。

標準ツールバーにある座標情報のドロップダウンメニューで、[座標情報にZを表示]を有効にする必要があります(このコマンドは編集/入力中も使用できます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ShowZinTracker.png 

吸引機能を使用して壁、柱、梁、またはオブジェクトを入力する場合、Z値には基盤となるスラブ/シェル/屋根/メッシュの高度値が反映されます。

吸引」を参照してください。

[座標情報を表示]コントロールを[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]で[常に]に切り替えると、座標情報のZフィールドには、入力を実行していない状態でも高度値が表示されます。カーソルを動かすだけでフィードバックを取得できます。

座標情報は、選択内容によって高度の値を以下の3つの形式のいずれかで表示できます。

GLから

配置フロア(3Dの場合はユーザー原点)から

[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル/プロジェクトの北]で定義する2つの基準レベルオプションのいずれか

基準レベル」を参照してください。

座標情報の高度フィードバックで使用する基準レベルを決定するには

1.標準ツールバーから座標情報アイコンのドロップダウンメニューを開きます。

2.[高度値の原点]サブメニューに移動します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/TrackerElevationSet.png 

3.必要な基準レベルを選択します。

基準レベルは、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義します。

基準レベル」を参照してください。

関連トピック

座標情報の座標を使用した要素入力