参照を選択する

参照を選択するには、以下のいずれかの方法を使用します。

ナビゲータ項目を参照として表示する

参照を選択

メニューから参照を選択する

参照パレットから参照を選択する

モジュールの内容を編集中にホットリンクモジュールの内容を表示

ナビゲータ項目を参照として表示する

1.ナビゲータから項目を選択し、右クリックしてそのコンテキストメニューを起動します。

2.[参照として表示]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ShowAsGhost.png 

参照を選択

以下のいずれかから[参照を選択]サブコマンドをクリックします。

標準ツールバーの[参照を選択]ドロップダウンメニューの[参照を選択]コマンド

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/BrowseForTrace.png 

[参照パレット]の最上部にある選択ボタン

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/TracePaletteBrowse.png 

[表示]→[参照オプション]→[参照を選択]→[参照を選択]

[参照を選択]ダイアログボックスが表示されます。この構造はナビゲータとよく似ており、参照として使用できる項目のみが表示されます([ビュー一覧]には、ビューの特性も表示されます)。目的の参照を選択し、[OK]をクリックして参照として表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ChooseTraceDB.png 

メニューから参照を選択する

以下のいずれかを実行してください。

標準ツールバーの[参照]ボタンを有効にしてドロップダウンメニューを開き、[参照を選択]リストから項目を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ChooseGhost.png 

モデルウィンドウのコンテキストメニューから[参照]をクリックして、[参照を選択]リストから項目を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ChooseGhostContext.png 

[表示]→[参照オプション]でも同じコマンドを利用できます。

[参照を選択]リストには、最近使用した参照が表示されます。また、現在のタブ/ウィンドウのタイプに応じて表示内容が異なります。

参照パレットから参照を選択する

[参照パレット]の最上部にあるボタンをクリックして、使用可能な参照項目のリストにアクセスします。必要な項目をクリックすると、参照として表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ChooseGhostCompare.png 

モジュールの内容を編集中にホットリンクモジュールの内容を表示

通常ホットリンクモジュールを編集する場合はソースファイルを開き、内容をホストファイルに反映します。

ソースファイルの編集中に、ホストファイル上のモジュールの平面図の内容が表示されるとより便利です。この場合、[参照]機能を使用します。

1.ホストファイルで(ホストファイルの)平面図をビューとして保存し、それをレイアウトに配置します。

2.ソースファイルでオーガナイザを使用してホストファイルにアクセスし、レイアウトをソースファイルにコピーします。

3.ソースファイルでナビゲータからこのレイアウトを選択し、コンテキストメニューから[参照として表示]を選択します。