参照を表示/隠す

現在のウィンドウで参照を表示または隠すには、[参照]ボタンをクリックします。

[参照]ボタンは、以下から使用できます。

標準ツールバー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ShowHideGhost.png 

ウィンドウ内の何もない領域を右クリックすると表示されるコンテキストメニュー

[参照パレット]

[表示]メニュー

参照要素のカラーを設定する

1.参照パレットを開きます([ウィンドウ]→[パレット]→[参照パレット]、または[参照]コマンドのリストから[参照パレット]を選択)。

2.必要に応じて、ポップアップをクリックして参照要素の統一カラーを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ReferenceColor.png 

参照要素を表示/隠す

1.参照パレットを開きます([ウィンドウ]→[パレット]→[参照パレット]、または[参照]コマンドのリストから[参照パレット]を選択)。

2.ポップアップをクリックして、要素タイプのチェックリストを開きます。参照に表示しない要素をオフにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/VisibleElementsTrace.png 

ここで加えた変更は、現在のウィンドウの参照にのみ適用されます。ただし、[設定を全ての参照に適用]ボタンをクリックすると、このポップアップの設定をプロジェクト内の全ての参照に適用できます。