参照を現在に切り替える:編集またはコピーのために参照内の要素にアクセスする

[参照]ビューの要素は、選択または編集できません。

ただし、[参照]ビューと[現在]ビューを一時的に切り替えることで、[参照]内の要素を選択して編集することができます。例えば、特定の参照要素を[現在]ビューに貼り付ける必要がある場合は[参照を現在に切り替える]コマンドを使用できます。

まず、[参照を現在に切り替える]コマンド(参照コマンドのリストまたは[参照]パレット)を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SwitchGhostCommand.png 

このコマンドは、[参照]を[現在]に(要素を編集できるようになる)、[現在]を[参照]に変更します。

注記:このコマンドは、図面断面図が[現在]で、その独自のモデルベースの断面図が[参照]の場合は使用できません。

3.必要な要素を選択して、編集やコピーを行います。

4.もう一度[参照を現在に切り替える]コマンドを使用して、元の有効なコンテンツに戻ります。

5.要素をクリップボードにコピーしておくと、[現在]に貼り付けられるようになります。

注記:図面タイプのウィンドウ(ワークシートなど)に貼り付ける場合、組み立て要素は2Dの構成要素に「分解」されます。