回転(3Dナビゲーション)

回転モードにするには、[表示]→[回転]を選択するか、ツールバーまたは3Dウィンドウの一番下にあるスクロールバーから同じコマンドにアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/3dscrollbar00007.png 

回転モードでは、左ボタンを押してマウスを移動すると、モデルの中心点(平行投影)または目標点(パース)を中心にしてモデルを回転することができます。

回転モードの場合には、モデルを編集することはできません。ESCキーを押して回転モードを終了し、編集モードに戻ります。

一時的な「回転」は、編集モードで有効

(回転モードではなく)編集モードでは、マウスのスクロールボタンと一緒にShiftキーを押してモデルを回転し、回転モードを一時的に有効にすることができます。キーを放すと回転は停止します。

このタイプの一時回転はモデルの再描画が必要で、ナビゲーションが遅くなる可能性があります。