ARCHICADプロジェクトからのビューのインポート

概要は、「レイアウトへの図面の配置」を参照してください。

このダイアログボックスは、以下の方法で図面をプロジェクト内に配置している場合に表示されます。

[ファイル]→[外部参照]→[外部図面を配置]を選択し、 ARCHICAD プロジェクト(.pln、.pla、.bpn)ファイルタイプを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/ImportViewSolo.png 

[インポートする項目]:このウィンドウは、選択したプロジェクトの全てのビューをツリー構造でリスト表示します。現在のプロジェクトにインポートする項目のチェックボックスをクリックします(選択された個々のビュー全てのビュー設定が、ダイアログボックスリストの一番下に表示されます)。

レイアウトウィンドウが開いている場合、その開いているレイアウトウィンドウに図面を配置しても、ここではビューを1つしか選択できません。

フォルダ名のボックスをチェックすると、そのフォルダに含まれるビューが全てインポートされます。

右側のラジオボタンを選択して、インポートした図面の配置場所を決めます。

[現在のレイアウトに図面を配置]:選択したビューを図面としてそれぞれ現在のレイアウトに配置します。

[新規レイアウトを選択したレイアウトブックグループに挿入]:ビューを、それぞれ現在のグループの新規レイアウトに配置します([外部図面を配置]コマンドを選択する前にナビゲータパレットでグループを選択した場合)。

注記:ナビゲータでグループが選択されていないか、複数のナビゲータツリー構造が複数の選択されたグループと共に開いている場合、このオプションは無効です。

[レイアウトブックに新規レイアウトを追加]:それぞれのビューを、図面としてレイアウトブックに追加された新規レイアウトに配置します。

注記:このファイルから項目をインポート後、ツリー構造がナビゲータに表示され、他の項目を簡単にドラッグ&ドロップできます。

[ソース階層を使用]:このボックスをチェックすると、ソースフォルダの階層が保持されます。現在のプロジェクトで、[ナビゲータ]パレット内に同じフォルダ構造が再び作成されます。