[入力制約とガイド]ダイアログボックス

([オプション]→[作業環境]→[入力制約とガイド])

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/MouseWE.png 

[水平と垂直]:このボックスをチェックすると、Shiftキーを押しながら操作することで、マウス/スマートカーソルの動きを、編集起点から0°、90°、180°、および270°に固定します。

[グリッドに対して平行]:このボックスをチェックすると、「水平および垂直」の条件を傾斜グリッドの主軸方向で使用できます。

[増分角度]:このボックスをチェックすると、Shiftキーを押しながら、マウス/スマートカーソルの動きを、編集起点から定義された角度に固定します。

ここにカーソルの動きを固定する角度値を入力します。

[水平を基準]:このボックスをチェックすると、水平グリッドの主軸を基準に「増分角度」の条件を使用できます。

[グリッドを基準]:このボックスをチェックすると、傾斜グリッドの主軸を基準に「増分角度」の条件を使用できます。

[参照線カラー]:参照線の色を選択します。

[スナップガイドカラー]:スナップガイドの色を選択します。

[スナップ点カラー]:必要に応じて、カラーの選択を使用してスナップ点のカスタムカラーを設定します。

詳細は、「スナップ点」を参照してください。

注記:事前定義されている強調表示までの時間を待たずに、即座にスナップガイド/スナップ点を強調表示するには、いずれかの辺または点でQショートカット([スナップ参照を強制])を使用します。

[スナップ点を自動で隠す]:このオプションはデフォルトでチェックされています。特殊スナップ点が(有効になっている場合)、設定された時間が過ぎると自動的に消えます。このチェックボックスを無効にすると、要素を配置するか別のビューまたはフロアに変更するまでスナップ点は表示されたままになります。

[カーソルスナップ範囲]:カーソルが要素にスナップする距離をピクセル単位で入力します。

[線描画]:どちらかのボタンをクリックして描画方法を選択します。

[Macクラシック]:このオプションを選択すると、標準的なクリック&ドラッグ作図方式を使用できます。

例:線を作図するには、最初の端点でマウスボタンをクリックし、ボタンを押したままドラッグしてもう一方の端点でボタンを放します。

[CAD方式]:このオプションを選択すると、標準的なCADのクリック&クリック作図方式(デフォルト)を使用できます。

例:線を作図するには、最初の端点でマウスボタンをクリックして放し、もう一方の端点まで移動してクリックすると線が完成します。

スクロールとズームのショートカットを選択します。

スクロールにマウスホイール、ズームにAlt+マウスホイールを使用

ズームにマウスホイール、スクロールにAlt+マウスホイールを使用