データ保護と完全性

([オプション]→[作業環境]→[データ保護と完全性])

[データ保護と完全性]ダイアログボックス([オプション]→[作業環境]→[データ保護と完全性])の機能を使用して、データの損失とファイルの破損のリスクを最小限に抑えます。これは、電源障害や停電が発生した場合、またはコンピュータでプログラムのコンフリクトが起こりがちな場合に、重要な機能となります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/DataWE.png 

リカバリファイルへの保存

[リカバリファイルへの保存]機能には、作業内容が失われることのないように保護するオプションがいくつかあります。クラッシュしたコンピュータやプログラムを再起動すると、次回ARCHICADを起動する際ダイアログボックスが現れ、中断した作業を再開するためのオプションが表示されます。

リカバリファイルへの保存が開始されると、ブルドーザーカーソルが一瞬画面に現れ、最後にリカバリファイルへの保存(または手動の保存)を行った後に加えられたプロジェクトの全ての変更が保存されます。大型のプロジェクトの場合でも、リカバリファイルへの保存の作業には数秒しかかかりません。

リカバリファイルへの保存のオプション:

[最大限]:デフォルトで推奨オプションです。データは各ステップ後にリカバリファイルに保存されます。

[標準]:データを5分おきに保存します。

[最小限]:データを20分おきに保存します。

リカバリファイルへの保存機能には3つの制限があります。以下の項目は手動でしか保存できません。

開いているライブラリ部品

完成したレンダリング画像

全てのタイプの計算リスト

クラッシュ後に ARCHICAD を再起動すると、リカバリファイルデータが自動的に検出され、そのデータを開くよう求めるメッセージが表示されます。

重要:この時点でリカバリファイルを開くことが、保存データを回復する唯一の方法であるため、これを開くようお勧めします。保存データを開くと、計算途中のレンダリングも含めて、最後に回復保存が行われた時点でのプロジェクトの内容が全て回復されます。開かなかった場合、リカバリデータは削除されます。

[リカバリフォルダ]:リカバリフォルダでは、保存されたドキュメントが特定の場所に保存されます。

[デフォルト保存先を使用]または

[保存先を選択]です。その後、コンピュータ上のフォルダまたはネットワークを[参照]します。

リカバリフォルダの設定に加えた変更は、プログラムの再起動後に有効になります。

[元に戻す最大回数]:このフィールドで、取り消し可能な作業の数を設定できます。

元に戻す/やり直し」も参照してください。

[バックアップコピーの作成]:このボックスをチェックすると、最後に保存した作業内容のバックアップコピーが常に作成され、ファイル名の後に「.bpn」という拡張子が付きます。

共有プロジェクトのバックアップ作成については、「チームワーク」を参照してください。

チームワークの「送信」リマインダー

このボックスをオンにすると、チームワークで作業中に変更を送信するためのオンスクリーンリマインダーがARCHICADに自動的に表示されます。

通知を表示する頻度を入力します。

プロジェクトでの一定数の操作の後、または

一定の時間(分)の経過後

(いずれか早い方)

変更内容の送信リマインダー」を参照してください。

データ完全性

ホットリンク更新

注記:ARCHICAD 21 Soloバージョンでは使用できません。

プロジェクトを開いたりドキュメントの出力を開始したりするときに、 ARCHICAD がホットリンクモジュールのステータスをチェックするかどうかを制御します(例:発行)。

[ホットリンクの無視]:このオプションを選択すると、ホットリンクファイルに加えられた修正が全て無視されます。これは、モジュールを含むファイルを最も速く開くことのできるオプションです。

[ホットリンクを確認して手動で更新]:プロジェクトを開いたり出力したりするときに、全てのホットリンクファイルが検索され、その修正日付が確認されます。修正内容を更新するかどうかを確認するメッセージが表示されます。これはプログラムのデフォルト設定です。

[ホットリンクを確認して自動で更新]:プロジェクトを開いたり出力したりするときに、修正済みファイルにホットリンクされた全てのモジュールが更新されます。

自動更新過程で問題が生じた場合は、最初のオプション(ホットリンクの無視)を選択し、ファイルをもう一度開いて[ホットリンクモジュールマネージャ]ダイログボックスでホットリンクを手動で更新します。

注記:ここで選択したオプションは、環境設定ファイルに保存されますが、プロジェクトと一緒には保存されません。

全てを解放(チームワーク)

注記:ARCHICAD 21 Soloバージョンでは使用できません。

[変更内容を送信/全てを解放]オプションでは、[送信]オプションを使用してチームワークプロジェクトを閉じるたびに、全ての確保を自動的に解放するかどうかを指定します。

[送信/保存]を使用して確保を保持または解放」を参照してください。

ホットリンクモジュールマネージャの全てのホットリンクの状態を自動的に確認

このデフォルト設定を有効にすると、ホットリンクモジュールマネージャーを開くたびにホットリンクの状態が確認されます。ホットリンクの多いプロジェクトでは、自動確認プロセスにより処理が遅くなることがあります。この場合はボックスのチェックを外します。

要素を編集するときに要素を自動的に確保

このチームワーク機能はデフォルトで有効になっています。チームワークの要素を操作するたびに、可能な限り自動的にその要素が自動的に確保されます。

自動確保によって作業が遅くなる場合は、この機能をオフにするよう求めるメッセージが表示されます。この場合、[チームワークパレット]の[確保]ボタンをクリックするか、コンテキストメニューから必要に応じて要素を確保することができます。

チームワークメッセージ

このコントロールを使用して、保存されたチームワークメッセージの数を管理します。[完了したメッセージの保持する数を制限する]ボックスをチェックして、保存するメッセージの最大数を入力します。この制限に達すると、一番古いメッセージから削除されます。