ゾーン

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/ZonesPrefs.png 

この画面を表示させるには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[ゾーン]と選択します。これらのオプションは、ゾーンリストでのゾーンの計算方法を定義します。

ここで行う設定は、作業中のプロジェクトに固有である、プロジェクトと共に保存される設定です。別のユーザーが自身のコンピュータでプロジェクトを開いた場合、同じ設定が適用されます。

[壁のくぼみをゾーンに追加]:このオプションは、大きいドア/窓のくぼみをゾーンの計算時にどのように考慮するかを定義します。

ここで定義された基準を満たすドア/窓のくぼみは、ゾーンサイズの計算時にゾーンの一部として含められます。

ドアおよび/または窓のくぼみをゾーン計算で考慮する場合は、[ドア]および[窓]アイコンをチェックします。

[これより深い場合]:考慮するくぼみの最小の深さを入力する場合は、このボックスをチェックし、最小の深さをテキストボックスに入力します。

[これより大きい場合]:考慮するくぼみの最小の表面積を入力する場合は、このボックスをチェックし、最小の面積をテキストボックスに入力します。

考慮するべきくぼみのサイズ(最小の深さまたは最小面積)をさらに定義するには、ドロップダウンメニューで[および]または[または]をクリックします。

[壁と柱の減算]:ここをクリックして、壁と柱があるゾーンのサイズの計算時に、減算するべき壁/柱の最小サイズを定義します。

壁または柱アイコンをチェックし、ゾーンから減算する壁/柱の最小サイズを定義します

(この最小限度よりも小さい壁/柱は、ゾーンサイズに含まれます)。

注記:このオプションは、[設定]ダイアログボックスの[モデル]パネルで[ゾーン面積のみ削減]または[ゾーンから減算]に設定されている壁/柱にのみ有効です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/ReduceZoneArea.png 

[これより大きい場合]:壁/柱があるゾーンのサイズの計算時に、面積を減算するべき壁/柱の最小面積を入力します。

[減算]:壁/柱をどれくらいゾーン面積から減算するかをパーセントで入力します(デフォルトでは100%)。

[下がり天井の縮小]:このコントロールを使用すると、下がり天井の下の面積をゾーンの面積から排除できます。

1つまたは2つの高さ制限値を設定できます。

[1 番目のチェックボックス]:このボックスをチェックすると、ゾーンサイズ計算の際に考慮する最初の高さ制限値を定義できます。

[2 番目のチェックボックス]:このボックスをチェックすると、ゾーンサイズ計算の際に考慮する2番目の高さ制限値を定義できます。

[減算]:このテキストボックスを使用して、ゾーン面積から減算する天井の下の面積のパーセントを定義します。2 つまでの異なった減算パーセントを、定義した高さ制限値ごとに 1 つずつ入力できます。

この面積縮小設定によるゾーンの総面積の減算値を確認するには、[ゾーン面積の計算]パネルでそのゾーンを選択してデータを表示します。

[ゾーン面積の計算]パネル」も参照してください。