[インデックス設定]ダイアログボックス

詳細は、「プロジェクトインデックス」を参照してください。

以下の方法から1つ選んで、このダイアログボックスを開きます。

[ドキュメント]→[プロジェクトインデックス]→[プロジェクトインデックス設定]コマンドを選択します。

ナビゲータプロジェクト一覧構造のプロジェクトインデックスのコンテキストメニューを使用します。

ナビゲータプロジェクト一覧構造のプロジェクトインデックスを選択して、ナビゲータパネルの下部にある[設定]ボタンをクリックします。

ナビゲータビュー一覧構造のインデックスを選択して、そのコンテキストメニューを使用します。

[インデックス]パネル

左側にあるスクロール可能なボックスに、プロジェクトに定義されている使用可能なインデックスがリストされます。基準とフィールドパネルでプロパティを編集する名前を選択します。

[新規作成]:このボタンをクリックすると、新規インデックスを作成できます。インデックスにリストする項目のタイプをビュー、シート(レイアウト)、図面から選択します。

ダイアログボックスが開いたら、新規インデックスの名前とIDを入力します。

[複製]:このボタンをクリックすると、選択したインデックスを編集する前に複製します。ダイアログボックスが表示されたら、新しい名前とID番号を選択します。

[名前を変更]:このボタンをクリックすると、左側で選択したインデックスの名前を変更できます。ダイアログボックスが開いたら、新しい名前とIDを入力します。

[削除]:このボタンをクリックすると、左側で選択したインデックスを削除できます。

[インポート]:このボタンをクリックすると、一覧表ファイル形式で作成したインデックスをインポートできます。

[エクスポート]:このボタンをクリックすると、一覧表ファイル形式でインデックスをエクスポートして、別のプロジェクトでインポートできます。

インデックスの[基準]パネル

このリストの上部にあるスクロール可能なボックスに、作成するインデックスのタイプ(ビュー、シート、図面)に対して定義した基準と値が表示されます。リスト内の項目をクリックすると、項目が選択され、フィールドを使用して修正を行えるようになります。

[追加]:このボタンをクリックすると新規の基準が追加されます。

[削除]:このボタンをクリックすると、選択した基準がリストから削除されます。基準が選択されていない場合は、無効です。

[基準]:インデックスに定義された基準がリストされます。下にある[追加]ボタンをクリックすると、基準が追加されます。基準を選択して下にある[削除]ボタンをクリックすると、基準を削除できます。

基本的には、基準ごとに1つの条件となりますが、選択した行の右端にある+記号をクリックして条件を追加できます。この場合、基準列には名前が表示されず、この条件は上の基準を指しています。

次の列には、条件、つまり基準のタイプによって異なる基準と値の関係(同等、より大きい、より小さいなど)が含まれます。矢印をクリックして条件を選択します。

[値]:基準に割り当てられた値を示します。基準のタイプに応じて、手動で値を入力するか、ポップアップコントロールから選択するか、チェックボックスを使用できます。

インデックスの[フィールド]パネル

[使用可能なパラメータ]:このボックスには、インデックスのフィールドとして使用できるパラメータが全てリストされます。+記号をクリックして使用可能なパラメータのリスト全体を表示し、パラメータを選択して下にある[追加]ボタンをクリックすると、右側にパラメータが表示されます。

[インデックスフィールド]:このボックスには、左側のボックスから追加され、インデックスのフィールドとして表示されるパラメータがリストされます。インデックスで編集できないパラメータは青で表示され、一方、編集可能なパラメータは黒で表示されます。フィールドの順序を変更するには、左側にある二重矢印でフィールドを上下にドラッグします。

右側にある、上または下を向いている長い矢印は、指定されたフィールドに従ったソート順序を定義します。

[追加]:このボタンをクリックすると、左側のボックスで選択した追加パラメータが、右側にあるボックスに表示されるインデックスフィールドとして追加されます。

[削除]:このボタンをクリックすると、選択したフィールドが右側のボックスから削除されます。