塗りつぶしの整理設定

このダイアログボックス表示させるには、まず塗りつぶし種類の要素を 2 つ以上選択します。[編集]→[変形]→[塗りつぶしの整理]コマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/FillConsol.png 

この機能の詳細は、「図面ウィンドウで線および塗りつぶしを整理する」を参照してください。

[重複塗りつぶしを切り取り]:選択した塗りつぶしが部分的または全体的に重なり合っている場合、一番上の塗りつぶしだけを残して切り取られます。一番上の塗りつぶしの下に隠れたその他の塗りつぶし(または塗りつぶしの一部)は削除されます。

透過背景を持つ重なり合った塗りつぶしに関する注記:一番上の塗りつぶしが透過背景になっている場合、その下にある無地背景の塗りつぶしは表示されているため、そのままの形で残ります。

例外:複数の透過塗りつぶしが重なり合っている場合は、一番上の塗りつぶしだけが完全に残ります。透過背景で一番上の塗りつぶしに覆われている場合、下にある塗りつぶしまたは塗りつぶしの一部は、削除されます。

[塗りつぶし輪郭を線と円弧に変換]:塗りつぶしの輪郭が単純な線分/円弧に分解されます。

[隣接する同一の塗りつぶしを結合]:塗りつぶしパターン/カラーが同一の隣接する塗りつぶしは、(表示順序にかかわらず)1つに結合されます。

注記:[接続する同一塗りつぶしを結合]での「同一」とは、塗りつぶしパターン、前景/背景カラー、および向きが同の塗りつぶしを言います。パターンの向き(プロジェクト原点/塗りつぶし原点/変形)が異なる塗りつぶしは、結合されません。

結合された塗りつぶしには、元の塗りつぶしのうち最大の塗りつぶしのIDが割り当てられます。

結合する塗りつぶしの輪郭:[接続する同一塗りつぶしを結合]をチェックすると、3つのオプションが有効化されます。

[輪郭のある塗りつぶしは結合しない]:塗りつぶしはまったく結合されません。

[同じ輪郭の塗りつぶしを結合]:輪郭も同一の塗りつぶしだけが結合されます。

[輪郭を無視し塗りつぶしを結合する]:全ての同一の塗りつぶしが、輪郭があるかどうか、および輪郭が同じかどうかにかかわらず、結合されます。このオプションをチェックすると、整理後に作成される輪郭の線種とペンを定義するためのコントロールが追加で有効になります。

注記:[塗りつぶしの輪郭を線と円弧に変換]をチェックした場合、整理後、塗りつぶしの輪郭は存在しなくなるため、このオプションは使用できません。

パターンの向き(プロジェクト原点/塗りつぶし原点/変形)が異なる塗りつぶしは、結合されません。

[結合設定]:[接続する同一塗りつぶしを結合]を選択すると、[結合設定]ボタンが有効化されます。クリックして[塗りつぶしの結合設定]を開き、結合して作成される線の属性を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/MergeFills.png 

以下の属性の一方または両方を選択します。

レイヤー

カテゴリ

ここで属性をチェックすると、その属性は、隣接する塗りつぶしを結合する場合には考慮されません。

例えば、[カテゴリ]をチェックすると、同じ塗りつぶしカテゴリに割り当てられていない場合(例えば、一方の塗りつぶしが[下書き]塗りつぶしで、他方が[表面]塗りつぶしの場合など)でも、隣接する塗りつぶしは結合されます。

このダイアログボックスでチェックした各属性の[レイヤー]/[カテゴリ]コントロールが有効化されます。これにより、結合した塗りつぶしにレイヤー/ペン/カテゴリが割り当てられます。

例えば、[カテゴリ]をチェックした後は、元の「下書き」および「表面」塗りつぶしから結合された新しい塗りつぶしを、結合後、表面塗りつぶし、下書き塗りつぶしまたは切断塗りつぶしのどれにするのかを決定する必要があります。

関連トピック

塗りつぶしカテゴリ