ウィザードを使用してBIMx Hyper-Modelを作成

この方法([ファイル]→[BIMx Hyper-modelを発行する])を利用して、新規のHyper-model発行セットの作成、またはウィザードによる既存モデルの再発行ができます。

3Dウィンドウでご希望のビューを設定してください。これはHyper-modelのベースになります。

BIMx モデルにカメラ位置のギャラリーを含める場合は、平面図の上にカメラを配置して 1 つを選択します。

最適なパフォーマンスを確保するには、 ARCHICADモデルをBIMx形式で保存する前に最適化することが必要な場合があります。

BIMx:モデルデータ、サイズ、テクスチャおよびシャドウに関する注記」を参照してください。

1.[ファイル]→[BIMx Hyper-modelを発行する]コマンドをご利用ください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/PublishHyperCommand.png 

2.表示されるダイアログボックスで[新規発行セットの作成]を選択してください。

3.発行方法を選択してください:[BIMx モデルを転送サイトにアップロード]または[ファイルを保存]。

[BIMxモデルを転送サイトにアップロード]を選択すると、ファイルはhttps://bimx.graphisoft.comにあるサイトにアップロードされます(サイトを利用する前に登録が必要です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/CreateNewPublisherSet_Upload.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/CreateNewPublisherSet_Save.png

4.[Hyper-model名]:このフィールドを使用して、Hyper-modelの名前を変更します(オプション)。

注記:Hyper-model は ARCHICAD のプロジェクト情報とプロジェクトプレビューデータを含みます。

5.[3Dコンテンツ]:モデルの3Dコンテンツをフィルタするオプションを選択します。

[3Dウィンドウと同じ]:現在のビューを使用します。

[オブジェクトを非表示]および[構造要素のみを保持]オプションは、 3Dビューに含まれる要素を制限することにより、ファイルサイズを削減します。これは、 BIMx Hyper-modelの表示に使用するモバイル機器の容量によっては重要な場合があります。

BIMx:モデルデータ、サイズ、テクスチャおよびシャドウに関する注記」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/3DContentOptions.png 

6.[レイアウト]:BIMx Hyper-model に含めるレイアウトコンテンツを選択します。[レイアウトブック全体]、[レイアウトなし]またはサブセットを選択する項目があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/LayoutOptions.png 

[サブセットを選択]をクリックすると、レイアウトブックサブセットを1つ選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/ChooseSubset.png 

注記:このウィザードを使用する場合、新しい発行セットへの特定のレイアウトの追加や削除はできません。そのためには、発行機能をご利用ください。

7.[オプション]をクリックして[BIMxエクスポートオプション]を開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/OptionsButton.png 

詳細は、「手順3:BIMxエクスポートオプションの設定」を参照してください。

8.[次へ]をクリックします。

9.選択した発行方法(アップロードまたは保存のいずれか)に従って、オプションを設定します。

BIMx Hyper-modelをアップロードする場合:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/PublishPublishButton.png 

パブリックドメインまたはプライベートフォルダのどちらにアップロードするかを選択してください。プライベートフォルダを選択した場合、ファイルをパスワードで保護できるオプションがあります。

BIMx Hyper-modelを保存する場合:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/06-visualization/PublishPublishButtonSave.png 

出力先パスを入力します。

オプションで[保存後、BIMxを開始する]チェックボックスをオンにすると、BIMxデスクトップビューワーでBIMxモデルを開きます。

10.[発行]をクリックします。

詳細は、「手順4:発行プロセス」を参照してください。