要素設定で分類/プロパティ値を割り当てる

ARCHICAD要素に値を割り当てるには、要素設定の[分類とプロパティ]パネルを開きます。

分類を選択

リストの上部にある分類システムから[分類]を選択します。

プロジェクトに複数の分類システムが含まれる場合は、それらが全て表示されます。使用するシステムの名前をオンにします。1つの要素を複数の分類システムで同時に分類できます。

システム内で要素の分類を変更または割り当てるには、右側のポップアップ矢印をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ElementClassificationWall.png 

必要に応じて、検索フィールドを使用して目的の分類を検索します。

注記:「分岐(ブランチ)」分類と「葉」分類は、それぞれ 1 つの分類です(「葉」を含む「分岐(ブランチ)」は、「葉」よりも一般的な分類方法です)。

要素の使用可能なプロパティは、分類に応じて異なります(下部の[分類とプロパティ]パネルに表示されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PropertiesofACWall.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PropertiesofUniclass.png 

使用可能なプロパティは要素の分類に応じて異なります

プロパティの値を編集

リスト内の任意のプロパティをクリックし、この要素のプロパティの値を編集または割り当てます。

プロパティを作成および編集し、それらをグループに分類するには、プロパティマネージャーを使用します。プロパティマネージャー」を参照してください。

プロパティのデータ形式に応じて、リストから選択するか、テキストを入力するか、または単純に値を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SetTechnology.png 

データ形式については、「データタイプ」を参照してください。

正しいデータ形式を使用できるように、一部のプロパティには説明(例:壁遮音性能)があり、項目の上にカーソルを置くと表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SetTherrmal.png 

注記:説明はプロパティマネージャーで定義されます。プロパティの説明」を参照してください。

プロパティをデフォルト値にリンク

各プロパティについて、鎖アイコンはその値がこのプロパティのデフォルトにリンクされていることを示します。

要素設定で値を上書きすると、そのデフォルトへのリンクは解除されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/LinkedElemProperty.png 

デフォルトにリンクされたプロパティ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/UnlinkedElemProperty.png 

デフォルトからリンク解除されたプロパティ

再リンクしてデフォルト値を復元するには、鎖アイコンをクリックしてデフォルト値を選択します。

注記:デフォルトはプロパティマネージャーで定義されます。プロパティマネージャーでプロパティのデフォルト値を編集すると、それに応じてリンクされた全てのプロパティ値が要素レベルで更新されます。プレビュー/デフォルト値」を参照してください。

特定のプロパティについて、[検索と選択]を使用して、プロパティのデフォルト値が割り当てられている(あるいは、カスタム値が割り当てられている)全要素を検索できます。

要素の検索と選択」を参照してください。