階段スキームのグラフィカルな編集

以下の機能を使用すると、編集モードを使用せずに平面図上の階段の形状全体を調整できます。

段を調整

このペットパレットコマンドを使用すると、U字型階段の対称性をグラフィカルに調整できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Rearrange1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Rearrange2.png

階段の基準線を編集

階段の基準線は入力時に作成されます。階段設定または情報ボックスを使用して、基準線の位置およびオフセットを設定できます(入力前後のいずれでも設定可能)。

階段の基準線」も参照してください。

平面図の階段の基準線の表示/非表示を切り替えて、編集作業を簡素化するには、[表示]→[表示オプション]→[階段の基準線]をオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ViewStairBaseline.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/StairBaselineShow.png

階段の基準線は、どのウィンドウでも編集できます(編集モードは関係ありません)。

選択前の強調表示タグを使用して、基準線(境界以外)を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBaseline.png 

基準線を編集すると、動線を含む階段の形状全体が変更されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBaseline1.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBaseline2.png

動線は基準線の編集内容に応じて変更されます

階段を継続

階段の基準線を継続するには(編集モードまたはモデルビュー)、選択した基準線のペットパレットにある[階段を継続]コマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ContinueStair.png 

階段の境界を編集する

階段の境界を選択する

境界の一部を選択して強調表示します。

階段の境界は、どのウィンドウでも編集できます(編集モードは関係ありません)。

Tabキーおよび選択前の強調表示を使用して、境界(基準線以外)を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBoundary2.png 

塗りつぶしの編集などと同様のペットパレットコマンドを使用して、階段の境界をグラフィカルに編集します。

境界を編集すると、階段の外側の形状は変更されますが、動線と基準線は変更されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditBoundaryFP.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditBoundaryFP2.png

階段の境界を編集しても、動線は変更されません

平面図の境界セグメントの表示/非表示を切り替える

選択したどの階段セグメントに対しても、ペットパレットの[境界セグメント設定]コマンドを使用して、このダイアログボックスを開くことができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BoundarySegmentSettings.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BoundarySegmentSettingsDB.png

必要に応じて、選択したセグメント(または全て/その他の階段セグメント)の表示/非表示を切り替えます。

例えば、2つのノードを階段セグメントに追加してから、それらの2点間の階段の境界を非表示に切り替えることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Hideboundarysegment1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Hideboundarysegment2.png

2 つのノードを挿入して新しい階段セグメントを作成してから、
そのセグメントを選択して非表示に設定した場合

単一の踏面の任意の辺を非表示にする」も参照してください。

階段の境界を編集する – 例

この例では、階段の境界を編集して、突き出した壁セグメントのために十分なスペースを切り取ります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBoundary1.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBoundary3.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditStairBoundary3D.png