梁に穴を作成する

どのタイプの梁にも穴を開けることができます。穴は円形または矩形で、異なる形状とサイズの穴を同じ梁に配置できます。

穴は梁を配置してから定義します。穴の図形作成法は、選択した[梁の設定]ダイアログボックスの[モデル]パネルで定義されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BeamDifHoles.png 

1.目的の梁を選択し、梁ツールが有効になっていることを確認します。

2.辺または基準軸をクリックします。

3.表示されるペットパレットから[梁に穴を挿入]アイコンをクリックします。

4.[梁の穴の設定]ダイアログボックスが表示され、穴のパラメータを設定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BeamPetHole.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BeamHolePopup.png 

梁の穴の設定を適用する場合は、[OK]をクリックします。直ちに穴が梁に表示されます。

穴の選択と修正

穴を選択するには、梁ツールが有効になっていることを確認し、穴の中心を Shift キーを押しながらクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Select1BeamHole.png 

選択して編集できる穴は一度に 1 つだけですが、梁そのものを選択すると、全ての穴を選択して同時に変更できます。

[選択した梁の設定]には、編集中の単一穴(この場合、[穴]パネルのみが有効です)または全ての梁の穴のフィードバックが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Select1BeamHoleSettings.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditAllBeamHoles.png

選択した穴の形状およびサイズを変更するには、[梁の設定]ダイアログボックスまたは情報ボックスのコントロールを使用します。

穴の位置は、図でも変更できます。選択した穴は、平面図ビューで梁に沿って移動できます。

3Dでは、ペットパレットでもZ軸に沿って穴を上下に移動できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/MoveBeam.png 

湾曲梁の穴

(梁のいずれかの終端から所定の距離をおいて)直線梁に穴を配置し、梁を湾曲させる場合を考えます(下図を参照)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ArcBeamHole1.png 

[梁の穴の位置]ダイアログボックスでは、湾曲梁の穴の新しい位置を処理する方法を選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BeamsHolesPosition.png 

[距離を維持]:穴と穴に最も近い梁の終端との距離(中心の梁円弧に沿って測定)は変更されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ArcBeamHole2.png 

[比率を維持]:梁の長さを基準として、穴の配置を一定に保ちます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BeamsHolesPositionProp.png