柱と他の要素

交差部(接合部)の組み立て要素における動作の詳細:

要素の交差」を参照してください。

柱と壁

交差部の表示は、ビルディングマテリアルの交差の優先度に応じて異なります。値が大きいほど、優先度が高くなります。

注記:各ビルディングマテリアルには、個別の交差の優先度があります。これは[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスで設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/WallColumnIntersect.png 

同じビルディングマテリアルが2つ存在する場合、区切り線は非表示になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/WallColumnIntersect2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/WallColumnIntersect3.png

柱と屋根/シェル

屋根またはシェルに合わせて柱を切り取ることができます。

屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

柱を単一平面屋根に合わせてクロップすることもできます。

単一平面屋根まで要素をクロップする」を参照してください。

柱とスラブ

[要素をスラブに調整]機能を使用すると、柱の上下に配置された 1 つまたは複数のスラブの特定のレベルに合わせて柱を調整できます。

要素をスラブに調整」を参照してください。

ゾーンとの関連:柱の設定の[モデル]パネルでは、ゾーンとの関連における(つまりゾーン境界(区切り)としての)柱の動作、その面積/体積を柱を含むゾーンから減算するかどうか、ゾーン上の全てに対して効果を持たせるかどうかを定義します。

ゾーンとの関連」を参照してください。

柱と複合構造壁

複合構造壁と交差する柱を配置する場合、選択する組み立て法(ラップ組み立て法または非ラップ組み立て法)に応じて、平面図の壁/柱の表示が異なります。

柱の情報ボックスまたは[柱の設定]ダイアログボックスの[ラップ/非ラップ]アイコンを使用して、柱と複合構造壁の交差方法を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/WrappedIcons.png 

ラップされた柱は、複合構造壁の躯体の塗りつぶしだけを突き抜けることができます。壁の他の仕上げが、厚さはそのままで柱を包みます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Wrapped.png 

詳細は、「平面図でラップされる柱」を参照してください。

平面図でラップされない柱

ラップされない柱(独立組み立て方法で配置された柱)は壁の形状を変更せずに、柱を配置する場所を切り取って、全ての壁の塗りつぶしを切断します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/UnwrappedFlloorPlan2.png 

壁の塗りつぶしと柱との区切り線は、ビルディングマテリアルが一致するところでは削除されます。

平面図でラップされる柱

ラップされた柱(「ラップされる」組み立て法で配置された柱)は、柱が複合構造壁の躯体と交差する場合、複合構造壁の躯体の塗りつぶしを切断します。その他の(躯体以外の)壁の塗りつぶしは柱の周囲をラップするので、その厚さが柱に追加されます。

注記:複合構造の場合、「躯体」の塗りつぶしは、[オプション]→[属性設定]→[複合構造]で定義します。

[複合構造]ダイアログボックス」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/WrappedFloorPlan.png 

注記:ラップは曲線壁とポリゴン壁、および仕上げが「仕上げ」として定義されている柱では使用できません。

平面図でのラップは、以下の場合にのみ行われます。

柱がラップ法を使用して配置された場合

柱が垂直で断面形状がない場合

柱がまっすぐで垂直な複合構造壁と交差する場合

複合構造壁タイプに、躯体の塗りつぶしが少なくとも 1 つと、躯体以外の塗りつぶし(ラップする塗りつぶし)が少なくとも1つある場合

複合構造壁の躯体の塗りつぶしに柱が交差している場合

3D表示では、ラップ組み立て法で配置された柱は、壁が複合構造壁でない場合や、実際に柱にラップするよう設定されている塗りつぶしが存在しない場合でも、接続壁の表面の材質を継承します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Wrapped3D.png 

ラップされない柱は、独自の材質を3Dで保持します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Unwrapped3D.png