断面形状を使用して要素またはライブラリ部品を配置する

標準要素のカスタマイズが非常に複雑になる場合や、ライブラリ内に専用の組み立てオブジェクトが見当たらない場合は、断面形状要素を配置できます。

断面形状要素をカスタマイズして、壁、柱、梁、手摺り構成要素、またはオブジェクトとして使用できます。

注記:ライブラリ部品の断面形状は、手摺り構成要素などの断面形状選択オプションを含むGDL要素にのみ使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ProfileRail.png 

断面形状は、事前定義済みおよびカスタム定義の要素/オブジェクトであり、手動で編集して思いどおりの形状を作成できます。各材質上書きは断面形状要素の要素レベルの基準に使用できますが、他の組み立て要素と同様に、断面形状の基本的な構造はビルディングマテリアルから取得されます。

例えば、以下の画像は、基礎を持つレンガ壁の断面形状が適用された2 つの曲線壁を示します。後方の壁は、押し出し表面と終端に要素レベルの材質上書きを使用しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CurvedBrick.png 

断面形状要素は、断面形状の面に垂直に押し出された断面形状から構成されます。複雑な要素を配置するには、あらかじめ定義された断面形状を使用または変更するか、新しい断面形状を作成します。

注記:カタログから標準鉄骨柱または梁の断面形状を配置することもできます。

標準鉄骨柱/梁の断面形状の使用」を参照してください。

保存した断面形状は、壁や手摺りなどの要素の属性として扱われます。保存した断面形状は、個々のツールの設定ダイアログボックスに表示されます。あるいは、属性として保存しなくても、モデルウィンドウで選択した要素にカスタム断面形状を一時的に適用できます。

ARCHICADでは、あらかじめ定義された多くの断面形状要素がツール用に用意されています。

例えば、壁の断面形状を使用するには、以下の手順を実行します。

1.壁の設定ダイアログボックスを開きます(壁の場合)。

2.[形状と位置]パネルから[断面形状壁]を選択します。

3.下にある「断面形状」ポップアップから、目的の断面形状を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ProfilePopup.png 

4.配置する平面図をクリックします。

断面形状要素を配置したら、他の組み立て要素と同様に、画面上で変更できます。

ペットパレットの特殊なコマンドを使用すると、断面形状要素のストレッチおよび回転が可能になります。

あるいは、既存の断面形状要素を選択し、コンテキストメニューから[選択した断面形状を編集]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditSelectedProfile.png 

[断面形状マネージャ]ダイアログボックス」を参照してください。

関連トピック

断面形状のグラフィック編集

標準鉄骨柱/梁の断面形状の使用