親柱設定(手摺りツール)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PostSettings.png 

ポップアップから、手摺りの各ノードに支柱として配置するGDL構成要素を選択するか、[非表示]を選択します(物理的な子柱を配置しない場合)。

GDL構成要素の設定を行うには、下部のパネルを使用します。「支柱構成要素の設定」を参照してください。

事前定義済みの内容に加え、支柱としてカスタム構成要素を保存できます。

詳細は、「階段と手摺りのカスタムサブ要素」を参照してください。

支柱の上部/下部オフセット

支柱の上部/下部オフセット値を入力します。

ポップアップを使用して、オフセットの計算方法を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PostOffset.png 

[セグメント上部]:セグメント高さを基準にしてオフセット値を設定します。

注記:セグメント高さはセグメントの設定で定義します。セグメント高さおよび垂直オフセット」を参照してください。

[絶対値]:支柱の絶対高さを入力します。入力値に応じて、セグメント上部からの支柱のオフセットが設定されます。