支柱構成要素の設定

このパネルは、支柱タイプの全ての手摺り構成要素(支柱、子柱、手摺子)の設定ダイアログで使用できます。

使用可能なコントロールは、選択する支柱構成要素に応じて異なります(組み込み、断面形状、回転など)。ここでは、一部の主要コントロールについて説明します。

支柱の2Dシンボルタイプ

支柱構成要素設定の[2D表示]タブページでシンボルタイプを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Post2DSymbols.png 

支柱の2Dシンボル表示

下部のコントロールを使用して、支柱構成要素の2D表示を設定します(手摺りの表示部と非表示部)。

構成要素の表示と精度」(「手摺りの設定:形状とシンボル表示」)を参照してください。

支柱の2Dシンボルの表示/非表示を切り替える

デフォルトでは、2Dビューの手摺り構成要素の表示設定は、[ドキュメント]→[モデル表示]→[モデル表示オプション]で定義します。

これらの設定を上書きするには、手摺りの設定ページで[カスタム]オプションをクリックします(「構成要素の表示と精度」を参照)。

構成要素設定で、表示線と隠れ線のチェックボックスを使用して、構成要素の2Dシンボルの表示/非表示を切り替えます。

注記:構成要素レベルの可視設定を適用するには、手摺りの設定ページで[カスタム]オプションを有効にする必要があります。

取付け金具を表示

注記:手摺子には使用できません。

取付け金具を使用して、支柱を単純なコンソールにアタッチします。[支柱構成要素設定]の[取付け金具設定]タブページで[取付け金具の表示]をオンにして、サイズ、断面形状、ビルディングマテリアルなどの設定にアクセスします([スタイルと寸法]タブページから[取付け金具設定]を開くこともできます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/FixingSettings.png 

回転支柱オプション

回転支柱には、多数のカスタマイズオプションを使用できます。プレビューを表示して概要を確認できます。

回転支柱の中央部分に、断面形状(中部断面形状)を選択します。

図形作成法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RevolvedPostChoose.png 

選択したスタイルで支柱に上部と下部を追加します。

支柱の各部(上部、中部、基部)を設定します。

支柱各部に絶対高さを設定するか、

支柱の1つまたは複数の部分(上部、中部、基部)に[ストレッチ]を選択して、全体に対して一定の割合でストレッチします(3つの部分のストレッチの割合の合計値は100パーセントになります)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RevolvedPost.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RevolvedPost3D.png