手摺りの設定:形状とシンボル表示

手摺りツール設定の最上部ページでは、手摺りの全体的な設定を行います。

このページでは、配置フロア情報、オフセット、平面図表示、破断線表示などを設定します。

[形状と位置]パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailingSettingsGeom.png 

配置フロア

次の配置フロア設定のいずれかを選択します。

現在のフロア:手摺りの配置フロアは現在のフロアになります。

手摺りの下部をリンクするフロアを選択します。[フロアを選択]をクリックすると、プロジェクトのフロアが一部表示されていない場合でも、全一覧が表示されます。

配置フロアからの手摺りのオフセットを設定する

必要に応じて、配置フロアからの手摺り下部のオフセットを定義することができます(連動手摺りの場合、オフセットフィールドはグレー表示になります。これは手摺りが親要素の配置フロアに追従するためです)。

[基準レベルからの]下部高度

注記:連動手摺りでは、このフィールドはグレー表示になります。これは手摺りが親要素に追従するためです。

基準レベルから測定する形で手摺り基準線の現在の高さを計算します(デフォルトでは、この基準レベルはGLです)。

モルフと同様に、手摺りの下部高度値は手摺りの最下部の点の現在の高さを示します。手摺りの高さは、この値から測定されます。

必要に応じて、ポップアップ矢印をクリックして基準レベルを変更します。

注記:基準レベルは、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義します。

手摺りの平面図シンボルレイアウト

このパネルを使用して、以下を定義します。

表示する手摺りの2Dシンボル

各フロアでの手摺りシンボルの表示部/非表示部の表示方法

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailingFP1.png 

連動階段の表示設定を使用

このボックスはデフォルトでチェックされています。手摺りを階段に連動させると、階段と同じフロアに、同じレイアウトオプションを使用して表示されます。

これらのオプションは、階段の「表示レイアウト(表示フロア)」で定義します。

平面図シンボルレイアウト(表示フロア)

ポップアップを使用して、手摺りの2Dシンボルを表示するフロアを定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/FPDRailingLayout.png 

定義するフロア(例:「関連フロア全ておよび上 1 フロア」)は下部のフィールド(「レイアウト」)に表示されます。

関連フロアとは、手摺りが物理的に交差するフロアです。

レイアウト(各フロアの手摺り表示)

[レイアウト]:各フロア名をクリックしてから、そのフロアの手摺りの表示方法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailingFPLayoutOptions.png 

破断線:破断線の有無を選択します。

表示/非表示属性:手摺りの表示部に表示または非表示属性を使用します。属性の設定(非表示部および表示部)は、それぞれの設定ページの各シンボル構成要素に対して定義されます。以下を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/StairFPLayoutOptions00062.png 

表示部と非表示部

手摺りの「表示部」とは、手摺りの主要な外観を表し、「表示」線種(通常は実線)を使用して表示されます。

手摺りの「非表示部」とは、手摺りの補助的な外観を表し、「非表示」線種(通常は破線)を使用して表示されます。

通常、表示部は破断線の下にあり、非表示部は破断線の上にあります。

構成要素の表示と精度

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ComponentVisibility.png 

手摺りの構成要素表示:モデル表示オプションを使用(手摺設定オプション)

デフォルトでは、2Dビューの手摺り構成要素の表示設定は、[ドキュメント]→[モデル表示]→[モデル表示オプション]で定義します。

手摺りの平面図シンボル構成要素の表示/非表示を切り替える」を参照してください。

あるいは、[カスタム]をクリックして、構成要素レベルの設定を使用して、特定の手摺り構成要素(手摺子の2Dシンボルなど)の表示/非表示を切り替えることもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailingDisplayCustom.png 

構成要素設定ダイアログ(手摺子の構成要素設定の[2D表示]タブページなど)で、表示線と隠れ線のチェックボックスを使用して、2Dシンボルの表示/非表示を切り替えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/HideBalusters.png 

構成要素設定で手摺りの2Dシンボルを非表示にします

注記:構成要素レベルの2D可視設定を適用するには、手摺り設定のメインページで[カスタム]オプションを有効にする必要があります(上記の「構成要素の表示と精度」を参照)。

手摺りの設定:平面図シンボルの上書き

これらのコントロールを使用して、全ての構成要素レベルの表示設定を上書きし、線種や線ペンなどの属性や、塗りつぶし属性(塗りつぶし種類、塗りつぶしペン、塗りつぶし背景ペン)に対して、均一の平面図シンボル設定を適用します。

線/ペン/塗りつぶしに上書きを適用するには、それぞれの[上書き]ボックスをオンにして、下部のコントロールから属性を選択します。

破断線設定

これらのコントロールを使用して、手摺りの破断線表示を定義します。

注記:階段に連動する手摺りでは、[連動する階段の破断線設定を使用]をオンにして、階段の破断線設定を適用します(現在のパネルで使用可能な全ての設定)。

[位置]:平面図切断面に破断線を配置するか、次の2 つのフィールドを使用してカスタム高さを定義します。

[距離]:2 つの破断線セグメント間の距離とセグメント角度(水平角度または垂直角度)を定義します。

[拡張]:破断線セグメントの延長を定義します。

[属性]:[線種]と[ペンカラー]を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BreakMarkRailing.png