セグメント設定(手摺りツールの設定ページ)

パターンエディタは、セグメント設定ページの上部および手摺り構成要素の全ての設定ページで使用できるグラフィカルインターフェイスです。

パターンエディタを使用して、各セグメントに固有の手摺りパターンを組み合わせることができます。ユーザー定義の配列ロジックに従って、各セグメント内でパターンを繰り返すことができます。

パターンエディタでは、このパターンがシンボルで表示されます。パターンの構成要素として、トップレール、ハンドレール、レール、子柱、手摺子、およびパネルを使用できます。

パターンエディタインターフェイスの白色部分は、パターンそのものを表しており、セグメント全体にわたって配置されます。パターンは、必要に応じて繰り返すことや、配列設定に応じて繰り返すことができます。この白色部分(パターン長さ)は、パターン内の最後(右端)の子柱まで続きます(下図では点線で示されています)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PatternEditor.png 

パターン長さ

詳細については、後述の「パターン長さ」を参照してください。

パターンエディタの選択項目

パターンから構成要素を選択するには、カーソルを合わせてフィードバックを表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/HoverBaluster.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/HoverHandrail.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/HoverInnerPost.png 

構成要素をクリックして選択します。ツリー構造の構成要素タイプも選択され、ダイアログボックスでその設定を使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SelectBalusterSettings.png 

構成要素をパターンエディタに追加する

手摺り構成要素をパターンエディタに追加するには、以下の手順を実行します。

1.ツリー構造から構成要素(ハンドレールなど)を選択します。

注記:セグメントページではなく、特定の手摺り構成要素を選択する必要があります。

2.プラス符号をクリックします。

3.表示されたシンボルを移動して、パターンエディタ上に配置します。

4.クリックして配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/AddHandrail.png 

例:子柱をパターンエディタに追加する

1.ツリー構造から子柱を選択します。

2.プラス符号をクリックして、表示された支柱シンボルを移動し、パターンエディタ上に配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/AddInnerPost.png 

パターンエディタから構成要素を削除する

パターンエディタから構成要素を削除するには、以下の手順を実行します。

パターン内の構成要素を選択して、以下のいずれかの操作を行います。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DeleteHandrail.png 

マイナス符号をクリックします。

Deleteキーを押します。

Backspaceキーを押します。

パターン長さ

パターンは、パターンエディタの白色領域内の右端の子柱まで続きます。

パターン長さを変更するには、子柱を選択して下部の設定の[前からの距離]値を調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ExtendPatternLength.png 

パターン長さ

詳細は、「子柱設定(手摺りツール)」を参照してください。

パターンをセグメントの長さに変換

手摺りを配置してから、

その手摺りを選択し、コンテキストメニューから[パターンをセグメントの長さに変換]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ConvertPattern.png 

階段の踏面幅にパターン長さを適合させることもできます(後述の「関連付けされた階段」を参照)

関連付けされた階段

[パターン長さを踏面数に設定]:

階段に連動する手摺りでは、以下のオプションを使用して手摺りデザインを最適化できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SetPatternWidth3D.png 

 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SegmentSettings.png 

セグメント高さおよび垂直オフセット

セグメント高さを入力します。

セグメント高さに応じて、他の手摺り構成要素の位置を次のように変更できます。

トップレールの高さはセグメント高さと等しくなります(これはハンドレールとレールには適用されません)。

手摺りの支柱、子柱、手摺子、パネルの上部を、セグメント上部からのオフセットとして定義できます。

必要に応じて、垂直オフセット(正の値または負の値)をセグメント高さに加算できます。

セグメントの関連性

デフォルトでは、レールセグメントは連動しますが、任意のセグメントを固定セグメントに変更することができます。

レールセグメントおよびノードの操作」を参照してください。

レールセグメントの傾斜/スキューを設定する

セグメントを傾斜させるには、セグメント平面に対して垂直に測定した傾斜角度を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SlantedRailingSettings.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SlantedRailing.png

傾斜したレールセグメント

必要に応じて、セグメントにスキューを設定します。スキューを設定する角度:垂直を基準にした角度または手摺り基準線に対する垂直を基準にした角度を指定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SkewRailing1.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SkewRailing3.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SkewRailing1_3D.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SkewRailing2_3D.png

手摺りのスキュー設定(基準:垂直または平面に対する垂直)

また、編集モードでトップレール角度を修正すると、セグメントに対してグラフィカルにスキューまたは傾斜を設定することができます。

編集モードで手摺りの傾斜またはスキューを設定する」を参照してください。

基準線からのレールセグメントのオフセットを設定する

必要に応じて、手摺り基準線の両側からのセグメントのオフセットを設定します。フィールドにオフセット値を入力します。

基準線のその他の操作については、「手摺り基準線」を参照してください。

セグメントパターン設定(手摺りツールのパネル)

これらのコントロールを使用して、レールセグメント内でパターンを配列する方法を定義します。

パターンの設定については、前述の「パターンエディタ(手摺りツールの設定)」を参照してください。

注記:パターン配列設定はセグメント内のパターンに影響を与えます。(ノードで停止することなく)複数のセグメントにパターンを継続する場合は、ノード設定の「パターン連続」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PatternDistribute.png 

パターン配列と位置

以下の3つのパターン配列オプションのいずれかを選択します。

[固定パターン長さ]:セグメント全体にわたって、固定長を使用してパターンが配列されます。パターンはセグメントの終端で中断します。

このオプションを使用する場合、パターンはストレッチされません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/FixedPatternLength.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/FixedPatternLength3D.png 

固定パターン長さ(必要に応じてパターンを中断)

ここではパターン長さは編集できません。パターン長さは、パターンエディタの白色領域内の右端の子柱まで続きます。

パターン長さ」も参照してください。

[セグメントを分割する]:セグメントの分割数を入力します(例:2)。分割数に正確に適合するようにパターンがストレッチされます。

このオプションを使用するとパターンがストレッチされるため、手摺子間の距離が変化する場合があります。

子柱の位置も変化する場合があります。子柱を固定するには(パターンストレッチの影響を受けないようにするには)、[子柱設定]の[前からの距離]値をロックします(「子柱設定(手摺りツール)」を参照)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DivideSegmentDivisions.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DivideSegmentDivisions3D.png 

2 つに分割したセグメント(分割に合わせてパターンをストレッチ)

[パターンを均等に分配]:セグメント全体にわたって、パターンが均等に配列されます。パターンがセグメントの終端で中断しないように、パターン長さが調整(ストレッチ)されます。ここには、最長のパターン長さを入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EquallyDistribute.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EquallyDistribute3D.png 

セグメント全体にパターンを均等に分配(中断しないようにパターンをストレッチ)

注記:このオプションを使用してパターンがストレッチされた場合でも、手摺子間の間隔は影響を受けません。手摺子の間隔は[手摺子設定]で指定します(「[手摺子設定]パネル」を参照)。

関連トピック

パターン連続