連続壁の作図

連続壁は、一連の接続された直線または曲線壁要素です。

壁ツールを選択した状態で、情報ボックスから連続壁図形作成法を選択します([直線壁図形作成法]ボタン上に小さい黒矢印をポップ表示されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ChainWallMethod.png 

壁の描画を開始すると、各辺の図形作成オプションを収めたペットパレットが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/WallChainFirstPet.png 

直線壁

前の壁に接する円弧(最初の壁としては使用不可)

作成前に定義した直線に接する円弧

2点を通過する円弧

中心、半径、長さで定義する円弧

いずれかの図形作成法をクリックして、各辺を連続して配置します。

ダブルクリックして壁の描画を終了します。

Backspaceキーを押すと、最後に入力した辺が元に戻ります。

[キャンセル]または[削除]をクリックすると、壁全体が元に戻ります。

作成中に[情報ボックス]で壁の属性を変更すると、その後作成された壁は変更した属性(基準線の位置、線種など)を反映します。