壁と他の要素

交差部(接合部)の組み立て要素における動作の詳細:

要素の交差」を参照してください。

以下の他の機能も壁交差部に影響を与えます。

柱と壁

柱の表示」を参照してください。

[接続]コマンドでは、屋根またはシェルに合わせて壁を切り取ることができます。

屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

壁を単一平面屋根に合わせてクロップすることもできます。

単一平面屋根まで要素をクロップする」を参照してください。

[要素をスラブに調整]機能を使用すると、壁の上下に配置された 1 つまたは複数のスラブの特定のレベルに合わせて壁を調整できます。

要素をスラブに調整」を参照してください。

[デザイン]→[接続]→[壁をカーテンウォールに接合]コマンドを使用して、壁をカーテンウォールに接合できます。

カーテンウォールに壁を接続」を参照してください。

ゾーンとの関連:壁の設定の[モデル]パネルでは、ゾーンとの関連における(つまりゾーン境界(区切り)としての)壁の動作、その面積/体積をゾーンから減算するかどうか、ゾーン上の全てに対して効果を持たせるかどうかを定義します。

ゾーンとの関連」を参照してください。

ポリゴン壁のコーナー

他の壁に接続するとき、単純壁、壁ポリゴンは、デフォルトではその元の輪郭を維持します。

このデフォルトの設定を上書きすることができます。

次の例では、単一壁が壁ポリゴンに接続されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PolyWallConnection.png 

この設定を変更する場合は、[壁の設定]ダイアログボックスの[形状と位置]セクションの[編集可能な壁ポリゴンの角]ボックス(ポリゴン壁が選択されている場合に使用可能)をオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PolyCleanOff.png 

この効果は、[表示]→[表示オプション(スクリーン)]→[包絡表示]をオンにした場合に表示されます。