台形壁の作図

台形または非平行作成法では、厚さが一定でない直線壁を作成できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TrapWallMethod.png 

2 つの端点で壁の厚さを入力した場合を除き、このタイプの壁は、最初に、情報ボックス(または[壁の設定])の[壁の厚さの自動寸法記入]フィールドを使用して直線壁として定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TrapezoidWall.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TrapThickness.png

複合台形壁

複合塗りつぶしで台形の壁を描画する場合、台形が反映されるのは最後の躯体の塗りつぶしの厚さだけです。下の画像では、躯体としてマークされている塗りつぶしは2つですが、台形になるのはコンクリートの躯体の塗りつぶし、つまりダイアログボックスの最後にリストされている躯体の塗りつぶしだけです。

台形壁の基準線」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TrapezoidComp.png 

複合構造に躯体がない場合、複合構造の最も厚い塗りつぶしが台形になります(複数の塗りつぶしの厚さが等しい場合は、ダイアログボックスの最後にリストされた塗りつぶしが台形になります)。

複合構造」も参照してください。