ARCHICAD では、直線、曲線、台形、およびポリゴンの壁を描画できます。

壁構造は基本(単一構成要素)または複合構造(複数の構成要素)のいずれかを選択できます。また、構成要素を組み合わせたカスタム形状の複雑な壁(断面形状壁)も作成できます。他の組み立て要素と同様に、壁の基本的な構造はビルディングマテリアルから取得されます。

ドア、窓、壁の終端などの特定のパラメトリックオブジェクトは、壁のみに配置できます。

カーテンウォールは、専用のカーテンウォールツールを使用して別途作成します。

カーテンウォール」を参照してください。

壁のパラメータは、壁ツールの設定で指定します。他の要素と同様に、全ての壁の下部は配置フロアにリンクされます。プロジェクトで壁を上のフロアに上部リンクすることもできます。必要に応じて、上部リンクまたは配置フロアからのオフセットを定義します。これは壁高さに影響を与えます。あるいは、上部リンクを使用せずに、固定の壁高さのみを入力します。

詳細は、「壁ツールの設定」、「配置フロア」および「壁、柱、ゾーン、階段の上部リンクを定義する」を参照してください。

壁の表示

各種 2D ウィンドウおよび 3D ウィンドウでの壁の表示の属性を選択し、そのビルディングマテリアルを定義するには、壁の設定を使用します。

壁ツールの設定」を参照してください。

設定ダイアログボックスの[平面図と断面図]パネルのポップアップオプションを使用して、その他の表示属性を設定します。

[平面図の切断面]を要素の投影設定と組み合わせて使用して、配置済みの壁の表示部分を定義します。

平面図の切断面(グローバル設定)」を参照してください。

平面図で個々の要素を表示するには」も参照してください。

壁の材質はビルディングマテリアルの一部として定義されますが、壁の設定の[モデル]パネルのコントロールを使用して、壁の「外側」(基準線側)、辺、「内側」の材質を上書きできます。

壁の表示の一部の外観は、[表示]→[表示オプション]の現在の設定によって異なります。

包絡表示はオン/オフを切り替えることができます。

塗りつぶしパターンは、ベクトルハッチングまたはビットマップとして表示できます。

壁の塗りつぶしに表現の上書きを使用するには:

表現の上書きルール」を参照してください。

このセクションのトピック

壁の基準線

直線壁の作図

曲線壁の作図

連続壁の作図

矩形壁の作図

台形壁の作図

複合構造の作図

ポリゴン壁の作図

傾斜壁または二面傾斜壁の作図

ログ壁の作図

断面形状を使用して要素またはライブラリ部品を配置する

壁と他の要素

壁の修正-基準線

壁の方向転換

壁と他の要素

壁ツールの設定